おはようございます。

昨夜のNYに特に大きな動きはなく、NYダウは小幅続伸でありましたが、SP500やNASDAQは下げており、全体的な雰囲気としては下落と言った感じでしょうか。

NYダウは30銘柄の平均であり、これをベースに考えても仕方ないのでレポートの意義はいつも考えさせられるところであるのですが、長年ダウを中心に相場の話を聞かされ続けているためになかなか対象を移しにくいと言う事はあります。

日経平均にしても、日経新聞社が選んだ225銘柄の加重平均であり、ファーストリテーリングを買い上がると簡単に日経平均が上昇してしまうとか、寄与度の高い銘柄でいじくれる歪な指数であるため、本来はこれをベースに考えるのはどうかしていると思うところですが、NYダウと共に皆が慣れすぎているので、本来はTOPIX中心として考えて行かなくてはならないのですが、なかなか対象を移しにくいと言うところがあります。

ただ、相場に影響を与えることが多いCME日経平均先物が有るため、やはりレポート上は日経平均を無視する訳にも行かないと言う事にもなります。

とは言え、日経平均と個別銘柄の動きはかなり乖離している事が多くなっており、日経平均が上昇していても下落銘柄が半分以上となっている時もありますし、やはり相場を占う上ではTOPIXやSP500の方が重要であろうと思うところです。

ですから、常にこれらの数字を見ているところではあるのですが、レポート上は日経平均やNYダウを中心にレポートしているところであるのです。

こうして惑わせるような指数があったりするため、投資判断が難しくなるのですが、勝利を手にするためにはこの辺の感覚にも慣れて行くべきと思うところであります。

さて、本当に良く上昇して来た東京株式市場ですが、2月は調整局面となり、3月は再上昇となってきましたが、調整したとは言えやはり上昇速度は速すぎるのです。

どう考えてもやり過ぎているとしか言いようが無く、基本的に上昇は続くと見ておりますが、個人の信用買い残も随分と積み上がってきましたし、上昇が一服と言う雰囲気が出れば投げさせられるような値動きが出る可能性が高いと言う事になるでしょう。

まあ、あくまでも基本は上昇であると思いますし、特に加速してきている個別銘柄もありますし、買い持ちで良いのですが、高いところを買いに行くと危険な事もあると言う事をご理解頂ければと思うところです。

さて、とにかく重要なのは個別銘柄の選別であると言えるのですが、ここからはメンバー専用でレポートして行きます。

以下メンバー専用

私をご支持して頂ける方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると幸いです。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。