おはようございます。

昨夜のNYは軟調な経済指標を受けて下落し、NYダウは46.92ドル安の13880.62ドルと反落したのですが、NASDAQは史上最高値を更新したところにいたために大きな影響を受けてやや強い値下がりで、32.92ポイント安の3131.49/ポイントとなりました。

NYもまた調整中と言った感じであり、これが相場の変化に繋がるとは考えていないのですが、今日は週末と言う事もありますし、それなりに東京市場に対する影響も大きいかと思うところであります。

とりあえず、ここまでで変わった事は特にないのですが、今週末は安倍首相が訪米しますので、オバマ大統領との会談の内容次第では相場も動き出す可能性もあるだろうと考えており、CME日経平均先物どおりの相場となるならば、貴重な買い場面と言う事になるかも知れません。

来週には相場がもの凄く気にしている日銀人事が決定すると見られておりますし、そろそろ調整局面も終わる可能性が出て来ていると考えて良いでしょう。

まあ、多くの投資家はこの様に考えているでしょうし、そうなってくると相場はそれ程押さないとも言えますが、引き続き前向きに押し目買い方針で対応して行けば良いだけのことです。

未だこれだ!と言える銘柄はありませんが、相変わらず外資も活発に買ってきておりますし、特に力の入ってくる銘柄も出てくる事でしょう。

とりあえず、注目はTPPへの交渉参加ですが、交渉参加ともなれば相場が活性化するのは目に見えている訳です。

悪影響を受ける分野もあるとしても、これは間違いなく進めていかなくてはならない話であり、安倍首相はその辺を熟知していると思いますので、これは進めてくるでしょう。

また、懸案のエネルギー問題ですが、シェールガス開発や輸入に対する変化もあると思いますので、この辺も注目と言う事になるでしょう。

まあ、話が決定してからでも間に合いそうですし、良いと思われるところは既にある程度は買われている訳ですが、メンバー向けには個別銘柄の情報も含めてレポートして行きたいと思います。

では、ここからはメンバー専用となります。

以下メンバー専用

私をご支持して頂ける方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると幸いです。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。