おはようございます。

昨日の東京株式市場は完全に様子見姿勢となり、出来高はピーク時の約半分まで落ち込み、日経平均は小安いところで小幅な値動きに終始しました。

ピーク時の半分と言っても25億株以上もあるのですから、それでも凄い状態であると言えるのですが、とにもかくにも調整局面と言う事になるでしょう。

普通、この位急上昇した後に上昇出来なくなってくると、キツイ押し目で売らされる様な相場が出る可能性が高いのですが、個別では大分売らされる様な値動きの銘柄も見られましたが、日経平均やその採用銘柄においてはしっかりのものが多く、すっかり二極化してしまっている様な感じです。

まあ、今の株式市場に存在する材料は為替のみであると言っても過言ではなく、これに合わせて行ったり来たりと言った感じの相場でありますので、それに絡まない銘柄はなかなか相手にされない状況であり、それがこうした二極化を作り出しているとも言えるのかも知れません。

調整相場でキツイ押し目がない場合も有るのですが、どうもこの二極化現象のせいか、日経平均の堅調さがマインドを支えているのか、下げている個別銘柄をしぶとく持ちこたえている投資家が多い様で、なかなか買い残が減らない銘柄が多く、本来ならば反転して来てもおかしくないと思う様な銘柄も、なかなか反転してこないのです。

ここまで来れば買っても良いだろうと思う銘柄がいくつか出て来ているのですが、ここからでもキツイ下げを見せられる可能性は消えない為、あくまでも買い下がれる余裕を持っておきたいところです。

何時も言うことですが、皆が投げるような局面を買うから美味しいのであって、皆が投げさせられるようなところで一緒になって悲鳴を上げているようでは駄目なのです。

今尚調整局面の相場であり、場合によってはキツイ下げもあるかも知れない。

こんな認識で相場に挑んで頂ければと思うところですが、重要な事はあくまでも調整局面であり、全体は引き続き上に向かっていると言う事です。

ですから、キツイ下げがあっても、ほぼ間違いなくそれは目先の下げであり、相場が下落に転じるという可能性は低いと見て良いのです。

まあ、ソロス氏が妙な発言をしておりますし、少し気がかりなところはあるのですが、未だ危険は感じませんし、今は強気を基本として行くべきでありましょう。

さて、今日から仕込みを開始する銘柄があるのですが、値段的には調整完了であると見ておりますが、買い残がまだ多いので、もしかするともう一段キツイ下げがあるかも知れません。

資金に余裕がある方は、ここから買い下がっていけば良いのですが、余裕が無い方はもう少し引きつけてから買って行った方が良いでしょう。

後々高値更新へと進んで行くと見ておりますが、目先に関しては波乱も有り得ますし、そんな波乱があれば、それこそが最高の買い場であるので。

個人個人の懐具合で買い方は変わりますが、基本戦略を良く理解した上で取り組んで下さい。

では、ここからはメンバー専用となります。

以下メンバー専用

私をご支持して頂ける方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると幸いです。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。