おはようございます。

昨夜のNY株は、雇用や住宅関連指数が予想を上回る回復ぶりを見せ、NYダウは84.79ドル高の13596.02ドルと反発しました。

好調になりつつある米経済と言う事に加え、日銀が連続金融緩和の方針というニュースも手伝い、為替は一気に90円付近まで下落し、CME日経平均先物は急反発となって10900円付近での値動きになっております。

調整が欲しい局面でありますし、昨日はほどよい押し目があったと感じておりましたし、しばし揉み合いで調整して欲しいと思って見ているのですが、僅か一晩でここまでの反発になると、流石に驚いてしまいます。

まあ、このまま高値を更新して更に急上昇して行くとも思えないのですし、予想では未だ揉み合いが続くだろうと考えているところでありますので、そのつもりでこの相場を見て行けば良いのではないかと考えているところです。

ただ、昨日の下げの最中でも高値を更新する銘柄もありましたし、調整だから売ってしまおうとか、そんな事ではないのです。

あくまでも相場は強く、押し目を狙って買うべき相場でありますし、余力があれば持続方針で行けば良いだけの事なのです。

ところで、昨日の事なのですが、少々恐ろしい質問が届きました。

最近入会し、昨日の暴落でほとんどが含み損になったと言うのです。

そもそもあの程度の下げを暴落とは言いませんし、この程度の下げで含み損になって相談して来る様な投資行動では、いざという時に全てを失う結果になりかねません。

失うだけならまだしも、信用取引で無理な事をしていれば、間違いなく借金状態にまで至ってしまうでしょう。

相談以前に、まずこの辺の認識を改めない事には、勝利に導くお手伝いもしようがありません。

良くレポートを読み返して欲しいのですが、基本は押し目買いだとしておりますので、例え昨日の下げでもほとんどが含み損等という事はあり得ません。

また、高いところを買うとしても、回転を重視させるか、下げても買える状態で余裕を持ってとしておりますので、例え含み損になっても嘆く必要など何処にも無く、単に安く買えるチャンスが来たと考えれば良いだけなのです。

もしかすると、押したことが単に不安でこの調整が何処までなのかを知りたいだけなのかも知れませんが、日々のレポートを読んで納得して買いに行っているメンバーは、こんな押しで不安になったりはしません。

納得出来ないならば、最初から買わないのが当たり前なのです。

私が、決して買えとは言わないのは、完全に先を読むのは不可能であり、儲けが出るかどうかは単に個人の資質の問題であり、私にはどうすることも出来ない事であるからなのです。

運用しているお金は皆様ご自身のものであるのですから、もっと真剣にレポートを読んで納得した投資をして欲しいのです。

当然投資に必要な知識を詰め込んだ五箇条も熟読して欲しいとも思いますし、もっと真剣に取り組まなければ、それこそ本当の暴落が来た時に、間違いなく命を取られます。

なめている方も多いかと思いますが、この世界で命を落した方は結構沢山居るのです。

私の願いは、メンバー全員の勝利であり、そうなって頂く為に必要な事は常に書き続けているわけですが、まだまだこんな質問が来てしまうと言う事は、警告が足りないと言う事になるのでしょう。

今後益々自覚の足りない投資家が増えてしまうのかも知れませんが、諦めずに警告を発し続けながら、本当の相場を楽しんで頂ける様なレポートを目指して行きたいと思うところです。

ある意味、これは私のレポートが未熟だから出て来た質問でもあるとも言えますし、私自身も更に身を引き締めてレポートを書いていこうと考えているところです。

少々きつい書き方になってしまっておりますが、あくまでも質問者の身を案じてのことであり、あくまでも愛である事をご理解ください。

では、ここからはメンバー専用となります。

以下メンバー専用

私をご支持して頂ける方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると幸いです。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。