あけましておめでとうございます。

長い年末年始休暇でありましたが、皆様はこの連休をどのようにお過ごしになられましたでしょうか。

NYは予想通りに財政の崖を回避し、株式市場は大幅に急騰しましたし、為替も予想通りに円安に向かっておりますので、多くの方は金銭面も、精神面も余裕のあるお正月となったのではないかと思うところでありますが、本当に面白いのはここからであると考えており、皆様におきましても引き続き前向きに作戦を練って行動していって欲しいと思うところであります。

まあ、相場はいつどうなってもおかしくはないものでありますし、必ず面白くなると言い切れるわけではありませんし、あくまでも私のレポートを読んで、確かにそうだと納得出来るならばとしてください。

さて、昨夜のNY株ですが、前日は財政の崖を回避する事が決まり急騰しましたが、FOMC議事録で、議会内部に資産買い入れに対する懸念が強まってきている事や、13年後半には景気は減速すると言う様な事が書かれており、前日の急騰の反動もあってNYダウは21.19ドル安の13391.36ドルと反落しました。

ただ、これだけの急騰の後で、この悪材料でこれしか下がらないと言う事は、本当に相場が強いと言うことであり、特に売りたたかれて来た日本株は、持たざるリスクを回避するために更に買われる可能性が高いと言う事になるでしょう。

まあ、これだけ急騰したわけですから、この局面で高いところを買いに行くべきではないと思いますし、買うにしても銘柄は選ばなくてはなりません。

安いところを買いに行くよりも、ここで買いに行く方がかなり危険でありますし、まずは様子を見て、出遅れているところや、押したところなどを狙って行けば良いでしょう。

今日から信用取引の売買回数制限が解除となり、日に何度も回転が可能となるわけで、これにより個人投資家の行動は大きく変わる可能性があるわけですから、出来高の推移や売買動向なども探っていかなくてはならないでしょう。

とりあえずは、持ち越した銘柄が大幅に高くなれば、利食いを入れていく場面であります。

ただ、基本はあくまでも買いであると見ておりますし、今年は大きく利益を出せると見ております。

滑り出しは順調となりそうですし、しっかりとこの流れに乗って行ければと思います。

では、ここからは具体的な投資作戦となりますので、メンバー専用とさせて頂きますが、個人投資家の皆様、本年も私と共に相場を楽しんで頂ければ良いですね。

心の底から楽しめるよう、本年も全力でサポートさせて頂きます。

では、ここからはメンバー専用とさせて頂きます。

以下メンバー専用

ただいま1月メンバーの募集中です。メンバー向けには為替動向、個別銘柄など、より実践的なレポートを発行しております。

なお期間限定ですが、全額返金キャンペーンも行っておりますので、チャンスを逃さないために是非一度だけでもご利用してみてください。

会費以上のコストパフォーマンスの高い情報を配信できると思います。

お申し込みはこちらから ⇒ http://soubakan.com/
 
携帯の方はこちらから ⇒ http://soubakan.com/mobile.html

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。