おはようございます。

いよいよ2012年相場も今日で最終となりますね。

今年は本当に読みにくい相場で、大分苦労を強いられましたが、それでも最終的には想像通りの相場になってきまして、今日で相場が終わる訳ではありませんが、日経平均は年初来高値に進んできましたし、ここまで来れば有終の美と言う事になりますでしょうか。

まあ、全てを利食いして相場から手を引かない限り、有終の美なんてものは存在しないのですが、年の終わりに良い状態であると言う事は、非常に気持ちの良いものであります。

思い起こせば今年の2月14日に、日銀が大幅な金融緩和を決定し、相場は急反応となって8000円台前半から一気に1万円回復まで上昇し、やっと本当の相場になるなと見ていたのですが、その後の民主党政権の体たらくぶりが酷すぎて、相場は急落し、再度8000円台へと下落し、その後は何ヶ月も9000円を挟んだ揉み合いとなりました。

年後半には野田政権が解散を決めれば株価は騰がるとレポートし、実際にその様になってきましたし、そこで主役になって行くのは復興、金融、不動産であるとレポートした事も功を奏し、メンバーにおいては随分と利益を出してきたことかと思います。

もちろん、持ちになっていたほとんどの銘柄は黒字化しているはずですし、未だ黒字化していない銘柄があるとしても、ほとんど問題ないところまで来ている状態であろうと推測されます。

また、黒字化にもう少し足りないかと思われる銘柄があるのですが、この年末年始の相場で変化が出て来そうですし、耐えるだけではなく、本気で買い増しも考えて行くべきだろうと思っているところでもあります。

野田政権が解散を決める頃、とにかく安い所は買いだとして来たわけで、行動出来た方は大いに喜んで居られる事かと思いますが、例え苦しいとしても買わなくてはならない時はあると思いますし、そういう時は思いきって行動する事も必要であると思うのです。

まあ、何処までがんばれるかは人それぞれでありますし、成功を保証出来るわけでもありませんので、やるかやらないかは各人の考え方次第ではあるのですが、本当に成功する人と言うのは、動くべき時に動いているものであります。

そして、今の相場でありますが、今の内にしっかり買うべきものを買っておけば、年明けには嬉しいお年玉になるでしょう。

もちろん何の保証も出来ませんが、お勧め銘柄を書いていきますので、これを参考にお年玉を目指してポートフォリオを組んで行って頂ければと思います。

もちろんですが、お年玉だけで2013年が終わるわけではありませんし、お楽しみは沢山ある年になるかと思います。

私は、2013年も個人投資家の皆様と共に歩みたいと考えておりますし、より一層精進し、皆様の為に邁進していくことを誓います。

メンバー以外の皆様には、これが本年最後のレポートになりますが、来年もまたS氏の相場観をよろしくお願い申し上げます。

皆様も良いお年をお迎え下さい。

以下メンバー専用

私をご支持して頂ける方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると幸いです。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。