昨日、株価は騰がっていたのですが、国債も騰がっておりました。

普通、株が騰がれば国債は値下がりするものなのですが、一体何がどうなっているのかと見て行くと、とにかく国内の生損保、銀行などが中心となって株を売っているようなのですが、その彼らが買っているのは国債なのです。

これで国債が値上がりするのはよく分かる話であり、ならば株は下がって当然となるはずなのですが、この下がるべき株を一手で買っているのが他ならぬ外資なのです。

もちろん個人の多くも売っているようで、一部の個人は回転を利かせている様な雰囲気ではありますが、多くは売っているような感じであるのです。

さて、売買の7割を占める外資の一手買いで、国内勢はとことん売りと言った感じなのですが、この後の相場はどうなると思いますでしょうか?

まあ、火を見るより明らかであり、あえて言うまでも無いと思いますが、この相場は上昇の可能性が非常に高いと言う事になるわけです。

未だ弱気の個人も多い様ですが、出来るだけ早くに強気に転換し、出来るだけ良質な銘柄を買っていくようにしなくてはなりません。

騰がったけれどもまだまだ買える銘柄もありますし、とにかく良質な銘柄を強気で買っていくしかないのです。

100%騰がるとは言いませんが、この流れには素直に乗って行った方が良いと思うところであります。

強気で対処し、共に良いお正月をお迎え致しましょう。

ただいま12月メンバーの募集中です。メンバー向けには為替動向、個別銘柄など、より実践的なレポートを発行しております。

なお期間限定ですが、全額返金キャンペーンも行っておりますので、チャンスを逃さないために是非一度だけでもご利用してみてください。

会費以上のコストパフォーマンスの高い情報を配信できると思います。

お申し込みはこちらから ⇒ http://soubakan.com/
 
携帯の方はこちらから ⇒ http://soubakan.com/mobile.html

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。