おはようございます。

昨夜のNYは、共和党が財政の崖を巡って歩み寄りを見せ、一時はマイナス圏に突入していたNYダウは急激に持ち直し、一時は130ドル以上も高い場面もありましたが、大引けでは伸び悩んで82.71ドル高の13034.49ドルと13000ドル台を回復して来ました。

財政の崖問題は、ぎりぎりまで紛糾するだろうと思うところですが、必ず解決させる問題であるはずで、不安視する必要などないと考えているところでありますが、相場は動く事に意義があると言った感じで、メディアは相場が乱高下する様に煽ってきます。

投資家は、この目先の煽りをどう判断するかで成績に大きな差が出る事になるわけですから、常にメディアの伝える事に対して読みを働かせていかなくてはならないわけです。

私は、常にこの問題に対しては強気で行けば良いとレポートし続けており、紛糾して下落したところは買いとしてきたのですが、そろそろ期限が近づいて来ているわけですし、そろそろこの問題をネタに相場が動く事もなくなっていく様に思うところです。

情報というものは、煽っている側の意図までを読んで読み解くものであり、目に見える部分だけで判断していてはいつまで経っても儲かる投資家にはなれません。

是非、ニュースの裏を読み、騙されない投資を実践して欲しいと思うところです。

さて、国内の方ですが、今朝の日経新聞によりますと、衆院選の序盤情勢を世論調査で調べた結果、自民党が300議席以上を確保し、単独過半数を獲る勢いであると言う事が発表されておりました。

今回は自民が第一党になるだろうとは思っておりましたが、ここまで強いとは思っておりませんでしたし、いくら何でも強すぎるだろうと思うところですが、ここまで強いと世論調査の中身がどれ程公平なのか?等にも疑問が湧いてしまうところでありますし、選挙結果が本当にこうなるかは分かりませんが、選挙までの間はこれを元にした相場になる可能性が高いわけです。

そうなってきますと、どう言った銘柄を買っていけば良いのか?と言う事になりますが、それはもう既に買っているあのセクターを保有して行けば良いと言うだけであり、新たにここから行動を加える必要はないのですが、この材料で急騰したりしますと、超目先としては今日が売り場と言う事になるかも知れません。

まあ、先々上昇と思いますので、超目先に興味がなければそのまま持続方針で良いと思うところですが、今は稼げる時であり、信用取引も良いとしているものですから、そうした危険な売買に挑戦している方は回転を重視していく必要がありますので、こうした局面は欲張らずに利食いが良いと言えるのです。

ですから、中長期スタンスの場合は構わずホールドで良いが、信用で目先張りをしている場合は利食い場という感じで考えて行けば良いでしょう。

ですから、ここまで買ってこなかったと言う場合は、今日は買わずに押し目を待った方が良いと言う事にもなります。

本日も新たに銘柄を推奨したいと考えているところですが、とにかく好調な銘柄が多く、今を逃しては良いお正月は迎えられないでしょう。

まあ、相場は変わりましたし、今後もしばらく強い相場が続くと思いますので、ご自身の力で売買して行くのも良いとは思いますが、出所の分からない情報で右往左往するよりはサポートがしっかりしている有料情報を使うのも良いだろうと思うところです。

そろそろ月初の募集は終わりますが、まだまだ間に合う銘柄は沢山ありますし、出来るだけ早めに入会なさると良いでしょう。

楽しめる時はガッチリ楽しむ!これが、長く相場を楽しむコツであります。

では、ここからは具体的な銘柄の話になっていきますので、メンバー専用とします。

以下メンバー専用

---------------------------------------------------------------------------------------------------

ただいま12月メンバーの募集中です。メンバー向けには為替動向、個別銘柄など、より実践的なレポートを発行しております。

なお期間限定ですが、全額返金キャンペーンも行っておりますので、チャンスを逃さないために是非一度だけでもご利用してみてください。

会費以上のコストパフォーマンスの高い情報を配信できると思います。

お申し込みはこちらから ⇒ http://soubakan.com/
 
携帯の方はこちらから ⇒ http://soubakan.com/mobile.html

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。