おはようございます。

昨夜のNYは引き続き財政の崖が意識された揉み合いの相場でありましたが、良好な経済指標が相場を下支えし、、NYダウは36.71ドル高の13021.82ドルと小幅ながら続伸でありました。

理由を付ければこんな相場でありますが、一言で言えば変わりのない平凡な相場であったとも言えますし、東京への影響はほとんどない状態と言って良いでしょう。

そして、気になるのは我々の多くの資金が投入されている東京株式市場ですが、昨日は完全に思惑通りの相場であり、多くのメンバーが潤う相場であったと言えるでしょう。

この様な好調が何時までも続くとは思いませんし、どこかで必ず転換点を向かえるのが相場でありますが、この相場はまだまだ始まったばかりであり、出来るだけ早くに買っておきたいところであります。

ここのところ外資が買い越し姿勢を強めているのに対し、個人は売り越し姿勢となっているところが気になります。

これは、押し目買いが利食いとなって売っているケースや、長く損を抱えていた分が切れる水準まで上昇してきてのやれやれ売りであったりするのでしょうけれども、これだけの外資の買い越しが、これで終わると見るのは早計であると言えるでしょう。

もしかすると、個人の思惑通りにもう一度押し目もあるのかも知れませんが、近い内に本格的な上昇が待っていると見ておりますし、多くは高いところを買わざるを得ない状態になるように思えてなりません。

どうも外資の買いの主体は短期筋との見方もあるようですが、実際に年金などの資金も買ってきておりますし、相場は大分変わっていきそうな気配が濃厚であると言えるでしょう。

とりあえず、選挙が終わるまでは思惑で動ける相場ですし、注意は必要であると言えますが、私の見立てが正しいと思えるようでしたら、その方針に沿った売買をして行けば良いだろうと思うところです。

先日から強くお勧めしている某銘柄をしっかりと買っていた方ならば、昨日だけでもかなりの利益になっているでしょうし、その周辺の出遅れ銘柄にもチャンスはあると思いますし、まだまだ楽しめる状態は続くと考えて良いでしょう。

ただ、やっぱり主役はあれだと思いますし、高い銘柄がより高くなる相場でありますので、出来るだけ主役は買っておいた方が良いように思うところであります。

では、今日も良好な相場となりそうですし、引き続き理に適った投資行動を心がけ、稼げる内にしっかりと稼いでいきましょう。

長期で上昇を見ておりますが、楽に稼げる期間はそれ程長くはないと思うところですが、出来る限り稼げる期間が持続するように情報収集と分析結果をレポートして行きますので、参考に投資なさって頂ければと思うところです。

では、ここからは具体的な情報になりますので、メンバー専用とさせて頂きます。

以下メンバー専用

私をご支持して頂ける方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると幸いです。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。