ここのところ急激に値を下げてきたにもかかわらず、戻りの動きが出ない訳で、これでは更に下を見るだろうとの予測をしておりましたが、正にその通りの動きになってきたと言えそうです。

ただ、よくよく下落の中身を見てみますと、全体的に下げているのも確かなのですが、中心となって売られているのは配当の権利を獲った銘柄である事に気付きます。

これは、所謂財政の崖問題で、オバマ大統領は富裕層に対して増税すると言っており、配当課税や、キャピタルゲイン課税なども実施すると示唆している訳です。

今のところ落としどころを探っている段階であり、明確にいつからどの程度課税されるかは分かっていないのですが、配当を得たならば、とりあえずは売っておこうであるとか、利益は今の内に確保しておこう等と言った行動が出るのは当たり前であると考える事が出来ます。

見ての通り企業決算は確実に良くなってきており、本来ならば積極的に売るべきところではないのですが、やはり現実的に増税が意識されると、その前に売ってしまおうと言う考えが湧くのも仕方がないと言えるでしょう。

と言う訳で、今はこうして売りが出ておりますが、増税の中身がハッキリしてくれば、その規模にかかわらず再度買ってくる事になるでしょうし、この下げを悪い下げとは思っておりません。

これで株は止めたと言う投資家はそれ程多いとは思いませんし、この動きを見て弱気になる必要などないでしょう。

悪い悪いとばかり考えていると、本当の利益を取り損ねる結果になってしまうでしょう。

他にも売られている理由はあるのですが、時期的な悪材料もありますし、引き続き前向きに強気な対応でこの相場を乗り切って行けば良いでしょう。

私をご支持して頂ける方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると幸いです。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。