おはようございます。

昨夜のNY株式市場は、大統領選挙の投票を睨みながら様子見かとも思われたのですが、前日に売られた反動もあってかNYダウは大幅な反発を見せて133.24ドル高の13245.68ドルと値を上げました。

雰囲気的にはオバマ氏が勝利しそうな気配でありますが、ロムニー氏の政策を見聞きしていると、言う事は良いのですが、財源の話が全くない状態で、まるで民主党のマニフェストを見ているような感じで、いくら何でもこれは酷いと思っていたところですし、オバマ氏が勝利した方が未だ良いだろうと思うところであります。

オバマ氏が続投となった場合に想定される問題は、証券界が非常に警戒しているボルカールールの設定でありますが、投資銀行はあまりにデリバティブ取引を拡大させすぎておりますし、それがリーマンショックを生み出したのは間違いない事実でありますので、二度とこの様な事件を起こさせない様にするためには絶対に必要な事であると思うところです。

また、例えボルカールールが設定されたとしても、それで株が騰がらなくなると言う事はないと思いますし、少し健全性が出て来て良いように思うのです。

誰がいくら買ったから、それを売らせるために売り物を浴びせる・・・悪いとは言いませんが、これをデリバティブでやられると大変酷い事が起こる訳ですし、今よりもきつい規制は必要であると思うところです。

まあ、先進各国の金融緩和で市場にはマネーが大量に供給されているのですし、せめてデリバティブだけでも規制しないと本当に大変なインフレが起こってしまう事も考えられるので、そう言う意味からも個人的にはボルカールールには賛成なのです。

この様な材料も控えている為、なかなか大幅な値上がりにはなりにくい相場であると言えますが、それでも相場環境は大きく変わる可能性が出て来ておりますし、全体的にはそう大きな上昇にはならないとしても、素晴らしい上昇を見せている銘柄やセクターが存在する訳で、しっかりとした選別を行っていれば日経平均以上の成績を得る事が可能な相場なのです。

個人投資家の多くはこの相場に懐疑的な様子で、多くは不参加であるようですし、売り残は4ヶ月ぶりの高水準だそうで、株の売買と言うよりも分からないから売っておこう的な後ろ向きな投資家が多くいるように思えます。

買い残が増えるよりも、売り残が増えた方が上昇しやすいですし、売り残増加は嬉しいニュースの一つである訳ですが、大幅上昇は狙えずとも大きく下がる様な相場では無いと思いますし、条件が整えば上に向かう相場であると予想しており、その様な状態でカラ売り非常に危険であると考えているところであります。

まあ、あまりに順調に値上がりしている銘柄と言うものは、なかなか買い難い訳ですが、ボックスを抜いて来た銘柄と言うのは、結構凄い値動きになる事も多く、ボックスを抜きそうな銘柄は特に注目しているところです。

もちろんですが、例えボックスを抜きそうな形であっても、それなりに有力筋が注目するような銘柄でなくてはなりませんし、大型株は例え中身が良くてもなかなか上昇出来ない相場でありますので、銘柄の選別はそれ程難しくはないのですが、それなりに注意事項もある訳です。

ただ、とにかく基本は買い姿勢でいる事が重要な相場であり、ネット証券の利用拡大で個人がカラ売りをし易くなった相場ではありますが、往復で獲ろうなどと考えず、しっかりと方針に沿った方向での売買を基本として行くべきでしょう。

誰が何と言おうとも、私は買いの目で常に相場を見ており、時にはそれでも売るべきだと思う銘柄もありますが、基本的には売ることを考えずに銘柄を探しており、それが良い結果に結びついて行っているように思っております。

もちろんですが、利食いは別です。

利食いすべきと思えば利食い指示を出しますし、未だ上昇余地はあるかも知れないのですが、2398ツクイは利食い指示後に高値もありましたが、その後は大きく下げる場面も出て来ており、良いところで利食い出来ただろうと考えているところです。

特にここ一ヶ月はパナソニック以外は全て順調に値上がりしておりますし、まだまだ上値がある銘柄ばかりでありますが、やはり本気で買いたいのはボックスを抜きそうな銘柄か、抜いた直後の銘柄と言うことになりますでしょうか。

待ち伏せでも良いのですが、相場がセクターを評価するような状態になっておりますから、しばらくは評価されているセクターを中心に売買して行くと良い成績を得られやすいように思うところです。

では、具体手な話になっていきますので、ここからはメンバー専用とさせて頂きます。

以下メンバー専用

ただいま11月メンバーの募集中です。メンバー向けには為替動向、個別銘柄など、より実践的なレポートを発行しております。

なお期間限定ですが、全額返金キャンペーンも行っておりますので、チャンスを逃さないために是非一度だけでもご利用してみてください。

会費以上のコストパフォーマンスの高い情報を配信できると思います。

お申し込みはこちらから ⇒ http://soubakan.com/
 
携帯の方はこちらから ⇒ http://soubakan.com/mobile.html

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。