昨日、イタリアで地震予知に失敗した科学者に懲役6年の実刑判決が下しました。

群発地震があった訳ですが、これが大地震には繋がらないとしたのに大地震が発生して300人以上が死んだ事に対する責任と言う事だそうですが、何を基準に物事を考えて行くかでその判断は変わってくる事になります。

分かり易いところで天気予報を例にしますと、100%当たる訳がないのに、明日は晴れますと断言し、晴れるどころか雨天であったする事もある訳で、本来気象予報士は100%当てられないものに対して自信満々に断言してはいけないだろうと思うところであるのですが、聞き手がこの予報は当たらない可能性があると考えていれば良いだけの事でありますし、おそらくは多くの方がそうした考えで天気予報を見たりしているのではないかと思うところで、天気予報は当たらない可能性があると言う暗黙の了解があの強気な天気予報を許していると言う事になるのでしょう。

株の世界でも「明日の相場予想」などをする訳で、私もそうした仕事を生業としている訳ですが、正直言って今日明日の相場を当てるというのは本当に難しい事であり、これを完全に当てる自信はありませんし、当てられるとも思っておりません。

ですから、必ず「こう考えている」であるとか、「この様な可能性が高いだろう」であるとか、自信の程によっては表現は変えますし、常に私の考えを参考に、賛同されるならばそれに沿った方針で売買して頂きたいとしている訳です。

ところが、お天気も経済活動に直結しているのですが、株の動きは経済活動どころか、個人の財布に直結している為、これを間違うと大変な批判を浴びてしまいます。

あれだけ強気な予報を外せば天気予報士が強く批判されても仕方が無いと思うところですが、いつも注意を促しているにもかかわらず、どうしても強い批判が出てくるのです。

世にはわかる事とわからない事がある訳で、人が生まれた時からわかっているのは、いずれ死が訪れると言う事だけです。

これは、その結果がわかっているだけであり、時期は不明であるのですが、未来の事で確実にわかるのは実はこれぐらいであるのです。

「私もいつか死ぬし、貴方もいつか死ぬのです。」

断言できるのはこれだけであり、後は皆不確定要素ばかりなのです。

ただ、例え不確定だとしても、ある程度は予測出来る訳ですし、予測は人生を楽しむ為には必要な事であるとも言えるのです。

分からない明日の天気のために悩むなと言う話もありますし、どんな天気でも喜ぼうと言う話もありますが、相場の世界でも似たようなことが言えまして、どんな相場でも喜んで対応して行けば良いのです。

ただ、喜んで対応する為にはある程度の予測は必要ですし、その相場に対する効率的な対処方法もありますので、出来るだけ良い選択が出来る様な相場レポートを目指している訳ですが、どうしても私の考え通りにならない事もありますし、やはり皆様には私の考えを参考に、ご自身で決断して行く投資家になって欲しいと思うところなのです。

とは言いましても、ここのところの個人投資家は随分賢くなったようで、先週は上昇局面で個人は売り越した様ですし、私も精進し続けないと、いずれ個人投資家に負けてしまうのか!?などと考えてしまったりもするのですが、個人投資家が私自身より良い判断をする様になれば、私も喜んで引退して行きたいと思うところです。

とりあえず、どんな業界であれ「絶対」はないのですから、しっかりと自身で考えて行動出来る様な物言いにして欲しいと思うところです。

イタリアの科学者達は気の毒であると言わざるを得ませんが、分からないものを分かっているかのように発表した罪は、確かにあると思うところであります。

まあ、これを言うと天気予報士もみんな訴えられそうですし、日本にはもっと酷い人達が居たことを忘れてはならないでしょう。

それは、大津波の可能性や、大地震の可能性を指摘されながらも無視して原子力発電所を作り続け、福島で大事故を起こした電力会社と国の責任です。

イタリアの判決から考えれば、無期懲役が出てもおかしくない位の重罪でしょうね・・・。

とにかく、世の中は分からないものをまるで分かった事のように言う人が言いますので、とにかく注意して行きたいものです。

ちなみに、科学者の間違いは、数学的間違いであるとも言えるかも知れません。

数学は正しく計算すれば、だれもが同じ答えを出すことが出来る訳で、地震や天気の予測というのは、この数学が元になっている訳ですが、どう考えても自然現象を数学で証明しきれる訳がないので、これはどんなに優れたコンピューターを使っても数学的に予測しようとしている限りは無理でしょう。

株も同じで、見た目は数字であり、計算で予測出来そうな気がする方が多いのですが、この数字は人間の心理の表れであり、人間の心理を数学で解き明かすのは不可能である事は、誰もが直感で分かることでしょう。

株価の予測に数学的考えを持ち込む方がいらっしゃいますが、これ程愚かな事はありません。

どうせ勉強するならば、心理学を勉強した方がよほどましですが、心理学をいくら勉強しても、結局は人の心など分かりようもありません。

余談ですが、自分の思い通りになるのは自分の心だけであり、他人の心は決して思い通りにはなりません。

ですから、変えるならば自分自身の「心」であり、そうする事が出来れば相対する人の心も変わっていくと言う事になるのです。

もしかすると、これが必勝法に繋がる話になるのかも知れませんね・・・。

ちなみに、原発事故の原因は数学的間違いではなく、利権に絡んだ心理が引き起こしたものであると考える事出来るでしょう。

数学が悪いとは言いませんが、持ち込んではいけない世界も有ると言う事を、学者達は知るべきでありましょう。

投資の世界は計算では成り立たないと言う事をしっかりと理解し、有意義な投資生活を送って頂ければと思います。

私をご支持して頂ける方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると幸いです。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。