おはようございます。

昨夜のNY株は米企業の業績見通しに対する不安が増大し、株はほぼ一方的に売られる展開となり、NYダウは243.36ドル安の13102.53ドルと急落しました。

前日は大陰線の後にした髭の長い十字足で、テクニカル的には下値が堅く、切り返しそうな気配を感じさせる値動きであったのですが、一気にここのところの緩やかな上昇トレンドをブレイクしてしまう形になってしまいました。

悪ければ更なる緩和もとしているFRBの姿勢がありますし、大統領選挙前に株式市場が暴落する様な事があるとは思えないのですが、米は高値圏にいるだけに少々不安な値動きであると言うことになるでしょう。

ただ、業績不振が売りの理由とするならば、為替がもっと円高になってもおかしくない訳ですし、確かに不安材料はあるとしても、この下げは一時的ではなかろうかと思うところではあります。

まあ、東京市場はかなり連騰してきましたし、調整を余儀なくされそうな感じですが、こうした押しは有った方が良い状態であり、今日の値動きは面白くないとしても、今後の事を考えれば丁度良い調整と言う事になるように思います。

これで多くの銘柄が押すでしょうから、狙っている銘柄をしっかりと観察し、押し目を狙って行けば良いでしょう。

来月頭にかけて日本も決算発表が本格化しますが、相場の雰囲気が悪いと悪い決算に反応して下げる場面もあるかと思いますので、神経質な値動きとなるかもしれませんが、下げても目先となる可能性が高いですし、銘柄によっては悪材料出尽くしというものも出てくる事でしょう。

株は、こうした嫌な場面を買ってこそでありますので、下げ具合を観察しながら買いのタイミングを伺って行けば良いでしょう。

非常に興味があるのは・・・

ここからはメンバー専用で書かせて頂きます。

以下メンバー専用

私をご支持して頂ける方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると幸いです。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。