おはようございます。

とりあえず、先週末から変わった事はありませんし、週末にメンバー専用でお送りしたレポートの内容を把握しておけば、とりあえずは問題ないと思います。

後は動きを見ながらの判断と対応となりますので、相場を見ながら必要に応じて適時レポートを発行して行く形となります。

今日の相場は、NYが大幅安ですし、CME日経平均先物の下落に合わせて下げて始まる事と思いますし、ここのところ急激に騰げすぎているので丁度良い調整になると思うところでありますが、とにかく個別の銘柄がしっかりした値動きを続けており、相場全体が下げたとしても個別では悪くない値動きの銘柄が出てくると思いますし、場合によっては個別が中心となって相場の流れが変わる可能性もあるでしょう。

とにかく30日の日銀政策決定会合に対する期待感が高く、安値圏にいる日本株は、例えNYが200ドル安となっても向こうは高値圏である訳で、必ずしも影響が直であると考える事は出来ないのです。

まあ、中国関連でどれ程売り上げが落ちるか分かりませんし、その結果は第3四半期決算が出てくる来年2月頃にならなければ分からない事であり、そう簡単に上値を買える状態にはないのですが、もしも日銀が期待通りか、それ以上の決断をした場合は、こんな安い所にいる日本株はもの凄い上昇を見せる可能性もあります。

ただ、期待を裏切られることもありますし、欧州は今尚混乱の最中でありますから、まだまだ安心できる相場とは言えませんので、銘柄を選ぶ際には、例え混乱があっても耐えうる銘柄であって欲しいと思いますし、例え耐えられなかったとしても、混乱が収まれば買われてくる銘柄を選んで行くべきでしょう。

まだまだ自信を持って買いに行けないかも知れませんが、タカラバイオの上昇が、間違いなく日本株の値動きを変えましたし、投資マインドも変えたと考えております。

そこに日銀が後押しをする訳ですから、基本的には上昇と見て良いのですが、本来はさっさと赤字国債発行法案等の重要法案を通して、速やかに衆議院が解散させれば更に相場にはプラスに働きますし、その後の政権がまともであれば、国も株も良い感じになるだろうとは思います。

まあ、そんなに簡単に良くなるはずもないと思いますし、相場もそう簡単に上昇はしないとは思います。

ただ、確実に世界でバラマキが行われる訳で、間違いなく物価は上昇して行くでしょうし、どこかで投資熱が上がってくることは確かであると言えます。

行動は、早ければ早いほどに良いし、有望な銘柄が押したならば、そこは買って行けば良いと思うところであります。

さて、ここからは具体的な手法や銘柄の話になっていきますので、ここからはメンバー専用とさせて頂きます。

以下メンバー専用

私をご支持して頂ける方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると幸いです。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。