昨日、FACTA11月号で、防衛省などへの費用過大請求事件を起こした三菱電機と同じような事が同社でも行われていると報じ、それを嫌気する売りで急落する事となりました。

同紙の取材は確かなものがあると思いますし、オリンパスの不正も同社の報道がきっかけでありましたが、例えこの報道が正しかったとしても、どれ程業績に影響を及ぼす話なのかは疑問であります。

三菱電機の事件以降、不正請求への監視はかなり厳しくなっておりますし、そう簡単に出来るものではないというのは国策事業を請け負う会社の共通認識であり、例え不正に請求したとしてもそれが発覚すれば非常に面倒な事になる訳で、私個人としては悪意のある不正請求とは訳が違うのではないかとも思っているところでもあります。

ただ、例え本当に不正請求が行われたとしても、同社の規模から考えて、これがそれ程大きなダメージになるとは思えません。

金額にもよりますが、業績的影響はそれ程大きくはないと思うところですし、そもそも株価が地の底な訳です。

まあ、地の底からは脱してきているところでありますが、それにしても安い水準であり、この値段でこの材料が株価を揺るがすと考えるのはナンセンスであろうと思うところです。

それよりも、ここのところ出て来ている電池の性能アップ技術であるとか、イタリアの電力大手から蓄電システムを受注しただとか、4-9の決算が前年同期比で6倍になっただとか、買い材料は山ほどある訳です。

もしかすると、私の想定を上回る酷い不正が行われていたとすれば、株価も下がる可能性はあるとしても、この業績を帳消しにするほどのものではないと考えておりますし、やはりこの局面は買って行くべきだろうと思うところです。

皆がびびって投げているところを買う!

これ程楽しいことはありませんからね!

是非、まともな目で株を見て、良い投資を心がけて頂ければと思います。

買われるべき株は、結局買われるのがこの世界の掟であるのですからね。

7月の安値を付けに行った時なんて、同社はシャープより酷いなんて事も言われていた訳ですが、蓋を開ければどうでうすか?

噂とは全く異なる結果がここにある訳です。

くだらない噂などに流されず、信念を持って買いに行けば、結果は必ず出てくると言うものです。

私をご支持して頂ける方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると幸いです。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。