おはようございます。

昨夜のNY株はグーグルの決算が悪かった事で同社株が大幅安となり、特にNASDAQに大きく影響したのですが、NYダウは小幅安と堅調でありましたし、大きな問題はないように思いました。

いずれにしても高値圏での推移であり、急落の気配さえなければそれ程問題にはならないでしょうから、変化には対応しなくてはなりませんが、今のところNYはそれ程神経質にならずに観察して行けば良いと思うところであります。

さて、我々の投資の主体である東京株式市場ですが、流石に騰げ三空でありますし、週末でもありますので、流石に下げるのではないかと思いますし、特に高くなっている銘柄を無理に買うのは危険です。

引き続き強気での対処が基本となりますが、高値を買っていけるほどの強気ではありませんので、その点は確認しておいて頂ければと思います。

特に信用取引の場合は、回転重視を基本として、あまり多くを持ち越さない様な工夫が必要となります。

回転させて利益が出て来たならば、その分で現物株を買っていくような感じで、現物の場合は持つ覚悟であれば特にこだわりは無いのですが、それでも高いところは買いたくありません。

特に今日は調整色が強くなると思うので、安く買える可能性があると思いますが、ここで強い銘柄を買うのは非常に危険であると考えた方が良いでしょう。

まあ、安い水準にいる銘柄が少しぐらい高い程度ならば問題ないと思いますが、高値圏で強含みの状態の銘柄の場合は、、絶対に注意が必要です。

そこで、具体的に銘柄別に対応の参考例を申し上げますと・・・

以下メンバー専用

私をご支持して頂ける方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると幸いです。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。