おはようございます。

昨夜のNY株は、引き続き決算発表を見極めたいとの空気が根強いのですが、シティーグループの決算が良かった事や、米小売売上高が1.1%増加と底堅かった事も追い風となり、NYダウは95.38ドル高の13424.23ドルと続伸しました。

引き続き警戒感はあるものの、基本的には強い相場でありますし、当面波乱はないと見て良いかと思いますので、横目で観察しながら東京株式市場の動きを追っていきたいところです。

買い場と売り場の判断をする上で、重要な指標として見ている東証の信用取引残高があるのですが、これが5週連続で買い残が低下しており、売り圧力が非常に低下している状態と言えるのです。

今回の下げは8500円近辺までだろうと予測していた訳ですが、信用残高の推移もこの予想に合致した状態であり、やはりこの見通しは正解だったのではないかと思うところです。

ただ、目立った投げが出ておりませんし、緩やかに整理が進んできたとも言えますが、今のところ買い戻しが中心の上昇であると言えますので、高くなってきたところをそのまま買う訳にも行きません。

詳しい売買方針についてはメンバー専用で解説しておりますので、そちらを参考になさって頂ければと思います。

全体的な予測ですが、月内にでも臨時国会が召集されそうな雰囲気もあるのですが、野党の解散要求は根強く、流石に民主党も応じるしかなさそうな感じで、赤字国債法案などを可決するためにはどうしても解散が必要と言う事になるように思います。

とにかく、与党は本当にどうしようもないメンバーであり、国家や国民の利益を考えたならば、即解散が一番なのですし、解散が現実に近づけば株価も大きく動く可能性が高いと見ておりますし、為替も大きく動き出す可能性が高いと見て良いでしょう。

見ていると精神的にいらついてくる今の政治ですが、政治動向が大きく相場に影響して来る相場であると言えますので、今しばらく我慢しながら行方を見守りたいところです。

さて、随分と上昇してきた某銘柄ですが、今日は新規で買いのレーティングが付きましたし、とりあえずは利食い場と言う事になるでしょう。

更に上昇する可能性もありますが、一時売られる可能性が高いと思いますし、上昇するとしても押してからと言う事になるかと思いますので、本日で利食いを完了して頂ければと思います。

今後はサポート対象外となりますので、ご注意頂ければと思います。

現在のイチオシ銘柄は、大分堅調に動いているものが多くある訳ですが、多くはホールドして行けば良いでしょうし、押し目があれば買って行けば良いでしょう。

ところで、気になっていたルネサスですが、やはり上昇してきました。

明確に買いだと出来る情報はなかったのですが、場勘は買いだと言っており、時には場勘だけの行動もありだと思ったところではありますが、単に場勘だけでの推奨は厳しい訳です。

まあ、これからも感じる様な銘柄があれば、レポートして行きたいと思いますので、参考になさって頂ければと思います。

後は個別銘柄の話になりますので、メンバー専用とさせて頂きます。

以下メンバー専用

私をご支持して頂ける方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると幸いです。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。