正直言ってどうなるかは分からない話であり、空想をしても仕方がないのですが、株を売買する為には経験から判断して行かなくてはならないものですから、ここで私が中国に対してどの様に考えているかをレポートしたいと思います。

知的財産の侵害や人権などを、何の躊躇もなく踏み荒らしながら成長し、更には周辺国の島を占領しては領土問題を引き起こす中国に対し、欧米が気持ちよく思っているはずがなく、リーマンショック以降に新興国から資金の引き上げが起こっても誰も中国を助けようとは思わないのは当然であると言えるでしょう。

しかし、日本はお人好しなのか?それとも馬鹿なのか?欧米が引き揚げても尚中国投資を継続し、中国経済を支えてきた訳ですが、結局日本だけでは支えきれずに中国の労働市場は悪化の一途であり、国内には不満が溜まる一方となりました。

その不満のはけ口として日本を対象としたナショナリズムを煽る作戦に出た中国に、こうして翻弄される事になった訳ですが、欧米の景気が回復しなければ中国の景気が回復しないのは当たり前であり、これはもう中国のバブルは崩壊したと見て良いと言う事になるでしょう。

何せ日本に支えられていた経済であるのに、一番の功労者である日本を敵視した行動に出てしまったのですからね。

どう考えても日本抜きに中国の産業が成り立つわけがなく、怒りの矛先をこちらに向けるのはお門違いも良いところなのですが、おかげでオスプレイの配備も進んでおりますし、普天間問題も進展を見せるかも知れません。

そう考えていくと、この問題も演出されたものである様に思えても来ますが、空想の域を出ませんのでこれ以上書きませんが、どうにもならない問題と言うよりも、何か裏のある問題であり、手に負えなくなる前に何らかの収束は見せそうな感じはするのです。

中国の態度を見ていると、本当に意地になっているとしか言いようが無いですし、どう考えても国際社会から白い目で見られているとしか思えないのですけどね・・・。

少なくとも、まともなODAを実施し、世界にお金を貸しつつも、技術や仕事を提供してきた日本が、お金も出すが人も送り込むと言う、何でも食い荒らすイナゴのごとき国と比較する方が間違っているとも言えるのですけど、どう考えても中国の評判が日本より上がる事は考えにくいわけで、日本人は今までやってきた事に自信を持つべきであるし、中国を必要以上に恐れる必要はないと思うところです。

何処までが計算された行動なのかは分かりませんが、中国もあまり対日政策を強めすぎれば、間違いなく自分の首を絞めることになる訳ですし、それこそ欧米の思う壺とも言えるのですから、いつまでもこんな姿勢でのやり取りを続けるとも思えないのですけどね。

ただ、しばしこんな状況を続けるかもしれませんし、その内尖閣諸島付近で小競り合いぐらいはあるかも知れませんね。

とりあえず、絶対に引けない戦いになると思いますし、尖閣に関しては日本の領土であるとアーミテージ国務長官も認めているところでありますので、本格的戦闘になれば米軍も出てくる事になるでしょう。

日米同盟は本物であると言う事を示すためにも、そこまではやってくるかも知れませんが、もしもここで米軍が出てこなければ、ちょっと考え方は変えなくてはならないかも知れませんね。

とりあえず、日本は米にとって重要な属国でありますので、見捨てるようなことだけはないと思います。

何せ日本は、米にとってアジアの足がかりでありますからね・・・。

米軍は戦争になったら日本を守らないと言う輩もいますが、それはあり得ない話であると考えて良いでしょう。

こうして中国が暴れてくれれば、沖縄に駐留している理由も明確になる訳ですし、間違いなく米軍は動いてくるでしょう。

そう考えていくと、全ては米の計画通りであり、日本もまた一枚噛んでいそうな気もします。

日本の外交は下手過ぎると思わせておいて、実はしっかりと裏ではやるべき事をやっているのかも知れません。

特に民主党の政治家は無能な者が多すぎると思いますし、結局は官僚が上手くやっているのかなと・・・。

なんだかんだと言ってもバブル崩壊後の日本は、いつの間にやら世界最強となっている訳で、だからこそこうして円が買われている訳です。

視点を変えれば、投資は十分に出来る状態であると思いますし、基本的には前向きな投資が良い結果を生み出すように思えます。

なお本日10月メンバーの募集最終日です。入会検討中の方は急いでお申し込みください。

こちらから ⇒ http://soubakan.com/
 
携帯の方はこちらから ⇒ http://soubakan.com/mobile.html

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。