上昇を見込んでいた銘柄でも、時として下落に見舞われる事がありますが、そんな時にコストを下げるために買う事をナンピン買いと言います。

ただ、このナンピンですが、下手にやれば傷口を広げるだけですし、必ずしも良いとは限らないのです。

ナンピンする位ならロスカットした方が良いと言われたりもしますし、確かに難しい事ではあるのですが、銘柄の分析がしっかりと出来ていればナンピンの方が効果的になる事も多いと考えておりますので、このナンピンの方法について解説してみたいと思います。

まず、ナンピンに値するかどうかの判断ですが、株価は業績の伸びがあるかどうかが大きく影響するものですから、今期、そして来期に渡って利益がどの様に変化していくかを見抜かなくてはなりません。

業績は伸びているのに、相場全体の雰囲気が悪くて下げた。

これはナンピンの好機と捕らえれば良いでしょう。

次に、来期は良くなるはずでも、今期は下方修正と言う事もよくあります。

下げているところで下方修正が出て、更に下げる様な場面があれば、そこは買いとなることが多いです。

将来の収益期待がなくなってしまった場合は別ですが、収益期待が高い状態での足下の下方修正はチャンスと捉えてよいのです。

次に、事件事故の類で下落してしまった場合ですが、よほど上場廃止であるとか、会社が存続不能な程の大事件などではない限り、そこは買いと言う事になります。

また、最近は四半期決算が定着しており、期ずれなどで酷い数字が出ることがあり、これで売られたならば買いとするケースも多くあります。

とにかく、共通するのは悪材料が出たところとなる訳ですが、将来が揺らぐような悪材料ではないと言うことが前提になりますので、必ず悪材料に逆らって買うと言う事ではありません。

さて、もう一度銘柄の選び方に戻りますが、業績の伸びも大事ですが、とにかく大きな資金が入って来ている銘柄と言うのは業績云々はそれ程関係なく、何らかの思惑があったりするものです。

本当に大きなしっかりとした資金が入っているところは、例え下げても買っておけば切り返してくる事が多く、非常に頼もしい存在でありますし、元々業績を見ていないケースも多いので、決算などで短期的に売られる事が多いのですが、こうしたケースもまたナンピンのチャンスと言うことになります。

業績だけに捕らわれず、買っている資金の性質を見破る・・・。

昔は手口からだけでもある程度想像できたりして、誰にでも出来る投資方法だったのですが、手口を知られたくない外資からと見られる圧力で手口を非公開としてしまったために、今は出来ない手法となってしまいました。

ただ、各所の売買担当者などと情報を交換していると、大口がどんなところを買いに来ているかを知ることが出来ますので、こうした情報を元にその銘柄がナンピンに値するかどうかを考えている訳です。

ナンピンは簡単な事ではありませんが、上手くやればかなり効果的な売買が出来るので、常にナンピン出来る余裕を持った投資を心がけて頂ければと思います。

私をご支持して頂ける方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると幸いです。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。