常々株は下げているところを買う様にと言い続けておりますし、チャンスが来るまでは信用取引はしない様にと言うのが私の投資方針で、これを守っているメンバーが多いことが、この超低迷相場においても多くの投資家に支持されて来た理由であると思います。

この半年の下げは、本当に真綿で首を絞められるような苦しい下げで、日経平均的にはそれ程きつくもないのですが、個別の下げはかなりのきつさであり、年初来安値どころか上場来安値を更新する企業が続出し、株式市場は惨憺たるものであったと言えるでしょう。

まだまだ不確定要素もありますし、当初の予想よりもじれったい感じはありますが、3月の高値から半年が経とうとし、多くが投げさせられているタイミングでの進展は、ある意味では計算されたタイミングと言う事も出来るかも知れません。

いつもこうして個人が投げさせられ、もう駄目かと思えるところが買い場であるのですが、そうした局面を恐怖に支配されることなく、買いの目で観察して行く事が出来るかどうかが大切なのです。

頼みの外資も売らされている状態であり、本当に苦しい半年であったと言えますが、この半年の相場を乗り切って来た投資家は、本当に何ものにも代え難い貴重な体験が出来たと言えるでしょう。

まだまだ安心出来る状況ではありませんが、世界は金融緩和策を執っていくことは明白であると思いますし、株価は騰がっていないと困る状態なのです。

世界は株価を意識した政策を執り続けるでしょうし、株は騰がると見て良いでしょう。

まあ、これだけばら撒けば、嫌でも株に資金は向かい始めるはずで、問題はその時期が早いか遅いかだけの話でしょう。

ですから、とにかく強気で良質な銘柄を買う事が大事であると考えている訳です。

ただ、底値を買う必要はないとしても、反発しているところを買う必要もありません。

まだまだ目先は売られる可能性も残っているのですし、売られたところでこそ超強気で買って行けば良いだろうと思うところであります。

多くの投資家に株の面白味を知って頂き、一人でも多くの投資家に相場に戻ってきて欲しいと思います。

力が必要であれば出来る限りお手伝い致します。

さあ、共に恐怖を乗り越え、共に利益を得て行きましょう。

今日は買いたい日ではありませんが、まだ買い場は続くかと思いますし、ここで参戦しておけば、後々有利に戦えますからね。

是非、多くの個人投資家に株式市場に戻って来て欲しいと思いますし、機会あらば共に戦って行ければと願っております。

皆様の成功をお祈りしております。

ただいま9月メンバーの募集中です。メンバー向けには為替動向、個別銘柄など、より実践的なレポートを発行しております。

なお期間限定ですが、全額返金キャンペーンも行っておりますので、チャンスを逃さないために是非一度だけでもご利用してみてください。

会費以上のコストパフォーマンスの高い情報を配信できると思います。

お申し込みはこちらから ⇒ http://soubakan.com/
 
携帯の方はこちらから ⇒ http://soubakan.com/mobile.html

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。