相場が上昇してくると、やる気がなくなってくる・・・。

先々株は上昇して行くのは目に見えているので、目先の下落はチャンスでしかなく、そこで恐怖を感じる必要などないのですし、下落して来たならば買って行くと言う簡単な方針で良いわけです。

ところが、こうして思惑通りに上昇してきてしまいますと、美味しく買うことが出来なくなってしまう為、どうしてもやる気が萎えてしまうのです。

未だ押し目は残っている可能性は高いとも思いますし、高くなってくれば利食い以外にする事が無くなる訳で、利食いは楽しいとしても、その後にもう一度押し目があるかと考えたりすると、やはり楽しい気分にはなりません。

まあ、先々を考えるならば、こんな程度の上昇で利食いする必要はないのですが、下げれば下げるほどに強気だったため、先日の安値付近では信用で買っても良い場面だととしましたので、そう言った無理をした分に関しては利食いして当然であるとも言えるのですけどね。

でも、とにかく基本は安くなったところで強気になる!であり、こうした半端な上昇ではワクワクしてくる事もありませんし、やる気は萎えてしまうのです。

ただ、どうも勘違いされている方がいらっしゃる様なのですが、買い下がって行くのは含み損となった銘柄をトントンで決済するための手段ではなく、より多くの利益を得て行くための手段であると言う事です。

せっかく買い下がってコストを下げても、トントンのところで売却しては何の意味も有りません。

まあ、他の銘柄に乗り換えられると言うメリットはあるかも知れませんが、下げた恐怖に支配されてはいけないと思うのです。

良い物は必ず上昇局面が来る!と言う信念を持たなければ、株式投資は成り立ちません。

まあ、良いと言う判断が素人の山勘であればちょっと怖い気もしますが、有力筋の購入状況なども調べての判断がほとんどであり、その多くはいずれ満足な結果を出す銘柄であると言う自信があるので、是非ともそうした心構えで挑んで欲しいのです。

ただ、全てがそうなる訳でもないのも事実であり、実際にここまで相場が荒れてしまいますと、例え有力筋と言えども窮地に陥る事はあるのです。

そうした状況をも考えて行きますと、狙い通りの成果を得られる銘柄はそう多くはないと言えるかも知れませんが、推奨銘柄の8割以上はナンピンせずとも利食い水準に到達するだろうと見ております。

是非、特にイチオシや中核でお勧めしている銘柄は、自信を持って安い所を買い向かって頂ければと思うところです。

株は下がったところこそ強気になるべき!

これが、投資で成功を収める最低条件でしょう。

だからこそ、こうした半端な上昇では気力が萎えてしまうのですが、それでも個別で面白い銘柄が出て来ておりますし、注目銘柄でもやや押している銘柄もありますので、せめてそうした銘柄を狙って行ければ良いかと思うところであります。

ただいま8月メンバーの募集中です。メンバー向けには為替動向、個別銘柄など、より実践的なレポートを発行しております。

なお期間限定ですが、全額返金キャンペーンも行っておりますので、チャンスを逃さないために是非一度だけでもご利用してみてください。

会費以上のコストパフォーマンスの高い情報を配信できると思います。

お申し込みはこちらから ⇒ http://soubakan.com/
 
携帯の方はこちらから ⇒ http://soubakan.com/mobile.html

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。