昨日に続いて同じ話題ですが、かなりまともであると考えていた大阪の橋下市長も、結局は原発再稼働に対して容認姿勢となり、大飯原発の再稼働はほぼ確実な形になりそうな情勢であります。

再稼働の主な理由は、夏場の需要期に電力量の確保が難しく、このままでは計画停電の可能性が高いと言う事でありますので、彼らの判断は「停電になるぐらいなら原発を動かした方が良い」と言う事になるのでしょう。

当然福島も視察したのだと思いますし、事故が起こればどうなるかを理解した上での判断でしょうし、命よりもカネを取ると言われればそれまででありますので、もはや言う事は無いのですが、あれだけ原発に疑問を投げかけていたメディアも結局はまともな報道をしておりません。

どこがまともでは無いかと言えば、夏場の電力需要を確保する為に原発を動かすと言うのであれば、夏場を過ぎたら原発を止めれば良いのです。夏場に電力が足りないだけなのですから、動かすのはそこだけにしておけば良いのではありませんか?

再稼働したら、次の定期検査までは動かし続けるの当然のことなのでしょうか?何故にマスコミはこの辺に突っ込みを入れないのでしょうか?結局、大口顧客としての電力会社からのお金が欲しくてたまらない・・・。それがメディアの実態と言う事なのでしょう。

放射能が含まれていない瓦礫を燃やすにも大騒ぎするのに、何故に原発は再稼働で異論が無いのか?どうもメディアから伝わってくる報道は、都合良くねじ曲げられているように思えてなりません。

何でもそうなのですが、絶対に安心等と言うものはどこにも無いのです。原発だって、投資だってそれは何に変わりもありませんで、四六時中信用取引でいっぱいいっぱいの勝負をしていたならば、ありとあらゆる悪材料が損害をもたらす事になり、大抵は勝利するどころか大損することになるので、信用取引の利用は本当にチャンスと思われる局面が出た時に、覚悟を決めて利用するものであると考えているのです。

原発も、安全だなんて事を言いますし、何かあっても保障するからと言う事で動かしたいのでしょうけれども、現実に福島が酷い状態でありますし、本当に何かあってもまたも責任のなすり合いが起こるだけでしょう。現状で何を信じて動かそうと言うのか、本当に正気の沙汰とは思えないのですが、それでも夏場の停電は困る!というのでしたら、株で言う所の信用取引を使うような覚悟を持ち、期間限定で運用するしか無いでしょうし、これこそが唯一まともな妥協点のはずなのです。

ところが、彼らがやろうとしているのはギャンブル感覚で目先の利益だけを求める乱暴な信用乱用取引のようなものであり、途中で事故に合う可能性はもの凄く高くなるのです。運用している間は大丈夫と思っていても、大抵何か不測の事態が起こるのです。

カネのなせる技だと思うのですが、一人でも多くの人がこの間違いに気付き、何とか良い方向に進んで欲しいと思うところです。場に合わせた運用であるならば、信用取引でも効果的な利益を得られることも多く、事故に遭う危険性も低減出来るのです。

ただ、あくまでも提言出来ると言うだけであり、遭わない様にするには利用しないのが一番であるのです。何でも焦らない事・・・。これが重要であるのは言うまでもありません。

ただいま6月メンバーの募集中です。メンバー向けには為替動向、個別銘柄など、より実践的なレポートを発行しております。

なお期間限定ですが、全額返金キャンペーンも行っておりますので、チャンスを逃さないために是非一度だけでもご利用してみてください。

会費以上のコストパフォーマンスの高い情報を配信できると思います。

お申し込みはこちらから ⇒ http://soubakan.com/
 
携帯の方はこちらから ⇒ http://soubakan.com/mobile.html

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。