衣料品のバーゲンセールと違い、いつ開催されるかが分からないのが難点ありますが、今は間違いなくバーゲンセール中であり、目の色を変えて買いに行くべき相場であると言えるでしょう。

ただ、このタイミングでバーゲンがあるとは思っておりませんでしたので、先に買ってしまっていると嫌な感じでありますし、せっかくのバーゲンでも資金が無いと言う事になるわけですから、皆が喜んで買いに行ける訳ではありません。

しかし、これが相場と言うものであり、それを悔やんでも仕方が無い事なのです。予想出来なかったバーゲンがやってきた!ならば、予定以上の資金を作って買いに行く!これが本当に大きな勝利を手にする投資家の対応であり、このバーゲンを見て右往左往しても始まらないのです。

まあ、資金を用意出来ずとも、売らされなければ問題はないので、買えないとしても待っていれば良いだけでありますので、買えずとも悔やむ必要はありませんし、こうした動きを良く記憶し、次にこうした場面が出た時にどの様に行動すべきかを覚えていけば良いだけです。

とは言え、既にお気づきかと思いますが、基本さえしっかりと守っていれば、こんな値動きでも問題は無いのです。単に下げると言う恐怖に飲まれてしまえばそれまでですが、今後の展望はしっかりと見えているのですし、それが変わりそうな雰囲気もないのです。

ここ数日日経平均は比較的しっかりの展開が続いておりますが、個別では随分と投げが出ており、安値を割り込む銘柄が出て来たりしておりますが、多くは個人の投げであり、主力である外資系はしっかりと買い続けている様に思います。

個別の銘柄の売買動向を調査してみても、外資が売っただとか、弱気の姿勢を見せている等という情報はどこにもありませんし、むしろ前向きな情報しか入ってきません。

個人はすっかり意気消沈と言った感じかと思いますが、良い物は必ず騰がると信じて行動すべきであり、こんな下げでオロオロする必要などないのです。特に追加で情報を提供させて頂いた漢字二文字のスマホ関連株ですが、本体は一株足りと売っていないし、貸株売りの状況も詳しく調査していると言う事は、仕掛けの準備が整ってきていると言う事を表していると言う事になると見て良いでしょう。

結局、無茶な買い方をするから耐えられなくなるだけであり、無茶なことさえしなければチャンスを待てるし、掴む事が出来るのです。

100円台の株を数千株しか買わない人には分からないかも知れませんが、数十万株から数百万株を買うところは、目先の上げ下げで右往左往していては投資にならないのです。目先は予想以上に下げる事もあると言うのは、プロの運用者なら誰でも知っている事でありますし、いちいち目先の動きに反応する事は無いのです。

確かに含み損は楽しいものではないと言えますし、下げれば下げたところで買えば良かったと後悔することでしょう。ただ、それに何の意味があるというのでしょう?状況的に考えて、株はどこで上昇を開始してもおかしくないのですから、今はたまたま下げて来ましたが、常に持たざるリスクを意識して行くべき時であると思うのです。

良いように売らされている個人が多い様ですが、安い所はみんな外資に買われて行っているし、またも個人は高いところを買わされることになるでしょう。この銘柄がこの値段で買えると言う事を悲観するか、喜ぶか?喜べた投資家だけが、本当の利益を手にするのです。

今は間違いなくバーゲンセール中であり、それを喜ばずにどこで何を喜べば良いというのでしょう?まあ、更に凄いバーゲンもあるかも知れませんが、それを考えていたら株なんてやりようがありませんからね。ネガティブな方には理解不能かも知れませんが、これが株でありますし、これを乗り越えていける人だけが大きな利益を手にしていくのだろうと思うところです。

私と同じ意見の方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると助かります。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。