芸人の河本準一さんの母親が生活保護を受給していたと言う事で、この問題がクローズアップされてきておりますが、こんな恥ずかしい事をする人が百万人単位で居るのですから、これはもう大々的に山狩りでもして行かなくてはならないでしょう。

ただ、山狩りをする以前に、生活保護のシステムを変えなくてはならないのは明らかであり、システムさえ変えれば不正受給者を探し出す山狩りは必要なくなるとも言えるのです。増税増税と騒ぐ前に、まずは無駄を削ることが大事であると書き続けておりますが、生活保護のシステムを変えることも大事な無駄の削減であると言えるでしょう。

まず、偽装離婚です。同居しているのに離婚して「母子家庭」として保護されている人が結構居るのです。そもそも離婚に対して保護をする必要など無いと私は考えており、死別以外に関しては保護の必要はほとんど無いと言って良いでしょう。

そうなると出生率が下がるとか言われそうですが、現行で下がり続けているのですから、原因は他にあると考えるべきですし、結婚している人、子供を持っている人の税優遇を大きくし、結婚しない人、子供を持たない人から多くの税を取れば良いのです。

もちろん、子育てを終えた人は、終えた人数に応じて税優遇を続ければ良いし、子育ては直接産まなくとも里子でも良いでしょう。今の世になっても身寄りの無い子は沢山居るのですし、産めなくとも世に貢献出来ない訳ではありません。

「生活のために安い仕事でも頑張る!」これが当たり前だったはずなのですが、何をどう勘違いしたのか知りませんが、頑張らない方がお金になるシステムを作り上げてしまったのです。

何とも恐ろしいことですが、夫婦と小学生程度の子供一人の家庭で、偽装離婚も使うと言う前提ではありますが、保護を受ければ年収で400万円も手に入れる事が出来るのです。パート労働で年収200万円を割る人が山ほど居るのですから、下手に働くよりも働かない方が得となってしまうのです。

誰がこんなシステムを作ったのか?生活保護とは、生活を再建するための間に手助けするシステムであるのに、再建しない方が得というのはどう考えてもおかしいのです。例えば、現在50歳で、年収300万円以上の仕事に就きたいとしたならば、本当に大変な事です。よほどの能力が無い限り、そんな良い仕事には就けないのです。

そうなってきますと、どう考えても生活保護を受けている方が得ですし、それを止めようとはしないでしょう。とりあえず、生活保護受給世帯は、1年以上受給した時点で玄関に受給世帯である旨のシールでも貼っておくべきです。基本的人権がどうとか言われそうですが、公に生活を保護されているのであれば、それは公にして然るべきでしょう。

上手く行っていないのであれば、周りはそれを支援しようとすべきですし、こっそり保護してもらうなんて事はあり得ないのです。直ぐに人権団体が騒ぎ出すでしょうけれども「だったらあなたたちがお金を出して保護してあげれば良いでしょう?」としか言いようがありません。

河本さん、あなたは恥ずかしい事をしたと思いますが、世にこの問題を認知させるために、良い働きをしたと言えるでしょう。反省し二度とやらなければ良いだけのことですし、是非正しい人間としてこの問題に取り組んで頂ければと思います。

ただ、世にはおかしいものが沢山あります、生活保護の問題もそうですが、大きいところでは介護の問題もあります。介護用にトイレだ、風呂だとリフォームするのにも、もの凄い補助が出るのです。本当にあり得ない位お金が使われており、こんな使い方では「介護保険を増額しても足りないだろう!」としか言いようがありません。

お金が足りないから増税という話が中心ですが、まずは無駄を削るべきです。無駄を削らずに増税すれば、間違いなく日本は沈む!政治家も、国民も、もっと危機感を持って行かないといけません。ずるい奴が得をする世では駄目なのです。

その為には国民番号制は絶対的に必要ですし、とにかく真の意味で平等な社会を目指して行って欲しいと切に願うところであります。

正しい判断で政治を執り行えば、日本経済は必ず良くなるし、株価も上昇していく事になるでしょう。このままでも最終的にはインフレに至るはずで、結局は株価も上昇すると見ますが、インフレで株価が上がるよりは、好景気で株価が上がった方が良いに決まっているのですからね。

一日でも早く、正しい世になってくれる事を祈っております。

私をご支持して頂ける方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると幸いです。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。