5月は例年「下げやすい月」です。主因は海外ヘッジファンド等の中間決算月である為、買っていたものを利食いしたり、ロスカットしたりという動きが出やすいために、それまで相場が上昇していた場合は下げやすいと言う事になるのです。

丁度、決算期待で買われてくる頃とも重なりますので、ヘッジファンドも上手く売れるタイミングに決算というのは面白いものだと思って見ているところですが、下落相場が続いていた場合はヘッジファンドが売り仕掛けていることになる訳ですから、逆に買い戻して「上げやすい月」という事にもなるのです。

まあ、今年は春から上げ相場が続いてきましたし、5月は売られて当然と見た方が良いのですが、例年よりも早くにそうした動きが見られ、今年は4月に入って直ぐにそうした値動きが観測され始めておりますので、必ずしも5月になれば売られると言う事でも無いのです。

と言う事は、買っている分よりは売れない訳ですし、単に中間決算のための売却であるので、売り仕掛けをしようというものでもないはずでありますから、4月から売っているので5月に入って売るものがどれ程残っているのかとなりますと、それ程多くはないだろうと考えて良いかと思うのです。

当面は買ってこないかもしれませんが、売るものは粗方売ってしまったとなれば、後は買ってくるだけですし、先に売られてしまったのですから、ここから先行きを案じても仕方がありません。ものによっては調整は終わっていると考えても良い位であり、良質なものほど強気で売買して行けば良いのです。

ところで、為替が円高に振れておりますが、これはヘッジファンドが円売りを続けてきた分の巻き戻しが起こっているだけであり、大きな流れが変わった訳ではないはずです。目先は円高だとしても、それを懸念しすぎず、更にその先を見て投資を続けて行かなくてはならないでしょう。

本格的な上昇にはもう少し時間が必要であるとしても、これ以上の上げにはそれ程警戒心を高める必要は無いだろうと思うところです。

特に材料系では素晴らしい銘柄がありますので、良質な「材料株」を買い、来たるべき上昇をモノにしていって頂ければと思います。

ただいま5月メンバーの募集中です。メンバー向けには為替動向、個別銘柄など、より実践的なレポートを発行しております。

なお期間限定ですが、全額返金キャンペーンも行っておりますので、チャンスを逃さないために是非一度だけでもご利用してみてください。

会費以上のコストパフォーマンスの高い情報を配信できると思います。

お申し込みはこちらから ⇒ http://soubakan.com/
 
携帯の方はこちらから ⇒ http://soubakan.com/mobile.html

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。