真実は一つであり、それは神様と当事者にしか分からない事であるので、無罪が真実かどうかを考えても仕方が無いのですが、現実に無罪となりますと、民主党は非常に困った状態になる事でしょう。

何せ首相肝いりである消費税の増税は、小沢氏が真っ向から反対を表明しているものであり、勢力的に「最大派閥」である小沢氏が党員資格を得れば、もはや消費税増税は不可能であると言えるのです。

消費税の増税はすべきではなく、非常に良い事であると思うのですが「増税しなければ日本はギリシャの様になる」だとか「財政再建待ったなし」だとかと、散々脅されて来た訳ですから、単に増税はしないとなっても、国民には不安だけが残ると言う事になりますので、これはあまり良い状況とは言えません。

本来、対外債務が皆無であり、巨額の対外債権を持つ我が国が急いで財政再建をする必要は無く、本当に財政再建をしなくてはならないのであれば、まずは対外債権を回収することから始めれば良いのです。財政が苦しいから、早めに返してくれよと言えば良いだけであり、それをせずに国民に増税を迫るなどと言う事はあり得ない話なのです。

また、何度も書いてきておりますが、そんなにお金がないと言うのであれば、まずは支出を減らせば良いのです。公務員給料は当然のことですし、議員の給料も減らせば良いし、まずはそこから手を付けて当然でしょう。

公務員も、議員も国という企業に雇われた「社員」であり、赤字会社の社員が黒字会社並みの給料をよこせと言うのはおかしな話であるのです。特に幹部クラスは経営に失敗している訳ですから、クビを切られて当然ですし、そうした責任を取った上で、どうにもならないと判断したら増税をお願いする。これこそが「筋」であり、国民は正しい道を歩む事を誓う議員以外を当選させてはならないのです。

近いうちに国政選挙があるでしょうから、是非とも一人でも多くの方が投票所へ行き、正しい判断を下せる政党に投票しなくてはなりません。

今日は日銀が時間稼ぎにしか過ぎないと思いつつも、更なる緩和策を発表するでしょう。そうでもしなければ円高が進み、デフレも進むと考えられるのですから、本当は政府の仕事であると知りつつも、緩和に踏み切るのです。

日銀の仕事は「通貨の価値」を守る事であり「通貨の価値」を下げることではない!円高が困るのであれば、それは政府が政策でカバーするものであり、小手先の金利操作で解決出来る事ではないのです。

無能議員と、無能官僚はさっさと退場して頂き、一日でも早く正しい道へ戻っていくことを願います。

さて、我々投資家は、増税はないとしても円安になっていく可能性が高いのですから、資産を守る為にも株式投資は欠かせません。なかなか国際優良株のような銘柄が騰がっていくような相場ではありませんし、銘柄選びは難しいのですが、銘柄の選択さえ間違わなければ非常に面白い相場であると言えます。

完全に「力業」の仕手株も面白いのですが、やはり材料を内包している小型の「技術」のある銘柄は、非常に面白くなると見ており、特にお勧めしている銘柄は、上昇が始まればここからでも倍増は狙える可能性もあると見ております。

日経平均自体はそれ程値上がりしないとしても、個別では本当に面白い値動きが出てくる相場ですので、是非とも銘柄の選別を進め、良い利益を得てください。何時までも悪い時は続かないと思いますが、今は自己防衛して行くしかないのです。共にこの苦難を乗り切って行ければと思います。

私と同じ意見の方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると助かります。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。