新年度相場になれば、新たな上昇が始まる可能性が高いと見ておりましたが、意外と様子見気分が強い日が続いており、相場全体は停滞ムードが強くなってきました。元々調整局面となってもおかしくないところでしたし、この様な値動きでも特に問題はないのですが、こういった値動きは買い方を非常に不安にさせるものです。

そして、何となく不安になっている時に、ちょっとした「悪材料」や、「悪材料に見える様な話」にびくびくする様になるのですが、昨日は日銀が金融緩和を打ち出したのにマネタリーベースが減少していると言う事で、それを不安視する様なレポートが出され、それを見た方からもそれをどう見るべきかと言うご質問がありました。

減少の理由は、日銀が説明している通りで、東日本大震災の時の大量供給の反動であり、そうした臨時的要因を推移として考えるべきではないのです。そんな一時的な物をつまみ出して「減少しているのはおかしい」だとか「外国人は警戒している」だとか、何をたわけた事を言っているのか?と、疑いたくなります。

今は単に相場が調整しているだけであり、上昇していたら気にもならない様なデータであるはずなのですが、相場が動かなくなると、直ぐに言いがかりに近いレポートが脚光を浴びるのですが、一体そこにどんな意味があると言うのでしょう?

マネタリーベースが減少しているから、再度円高になり、株も下がるとでも言いたいのでしょうか?だから株は売れと?確かに今は株価は停滞しておりますが、どう考えても株を売る局面ではありません。どうにもならない様な駄目株もありますが、多くは上昇の時を待っている状態であり、ここで「売る」などと言う選択肢はほとんどないと考えるべきです。

こうして揺さぶられ、飛びついた投資家がふるい落とされたり、カラ売りが入ってきたりで上昇に弾みが付く訳ですから、強く批判も出来ないところではありますが、今の流れを変えるほどの出来事ではないのですから、せめてこれを読んでいる投資家の方だけでもまともな判断をして頂ければと思うところです。

優秀な外資は、こうした軟調な相場の時にしっかりと買いを入れてきておりますし、いずれ上昇を開始してくる銘柄は、これからも増えて行く事でしょう。今日もこんな値動きではありますが、注目銘柄の中からは随分と良い上昇を見せてきている物もあります。

見逃してはならないデータもあるのですが、見ても仕方がないデータもあるのです。必要なのは、投資に必要なデータをどうやって見分けるかであり、この様なデータは無視すべきデータであると思う所です。

基本的に、日銀はインフレターゲットを設定しているのですし、方針を変えてくる可能性はあるとしても、方針が変わらない限りは金融緩和を続けていくのです。もし、実際に緩和になっていないともなれば、必ずや追加で緩和策を実施してくる事でしょう。ですから、例えそれが特殊要因ではないとしても、問題はないのです。

ただ、日銀が世を欺こうとしているのであれば、話は変わってきますけどね・・・。まあ、それは無いだろうと思いますし、そういった詐欺行為はないと言う事を前提にした相場の見方でありますので、その辺を疑うと言う事であれば、それはもう私の出る幕ではありません。

私と同じ意見の方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると助かります。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。