ここのところ上昇してきた株価も一服状態が続き、停滞の理由は連日様々に語られているところでありますが、一番のポイントは年度末で機関投資家が動きにくいと言う点でしょう。何せこの上昇を支えてきたのは外人と機関投資家であり、機関投資家が手を抜けば、思ったように上昇しなくなって当然なのです。

動き出すと見ていたのは、配当落ちとなり、新年度受け渡しの28日からであろうと見ていたのですが、NY株、んASDAQ共に大幅高となりましたことから、もはや配当落ちを待っていられないという動きが強まり、今日の東京株式市場は活況となってきているのです。

ただ、それでも機関投資家は動きにくい訳で、本格的に動いてくるのは明日からとなりますので、高い状態となっておりますが、出来るだけ早い内に買っておいた方が良いように思います。

まあ、リスクがないわけではありませんし、本来は仕込みを終えて様子を伺って居れば良いだけのところでありますので、あまり言いたくはないところですが、市場動向を見ても分かる通り、これを読まれている多くの個人投資家は株を買っていない状態なのです。

最終的に、いつも高いところを買わされて、結局は損をしてしまう個人投資家が買っていないのですから、相場は上昇して当然と見る事も出来るのですが、何とか多くの個人投資家に勝利を手にして欲しいと願っているため、やはりここは買いをお勧めするしかないのです。

ほどよく調整もしましたし、少なくともGW頃に向けてさらに上昇して行く可能性が高いと見ておりますので、利益を出していきたいと願うならば、銘柄を絞ってしっかりと買い集めていくしかありません。日に日に騰がって行く銘柄が多いものですから、なかなか新しい推奨銘柄を出していくのは厳しいのですが、毎月入会されてくる方の事を考えると、どうしてもリスクは高くなっていきますが、銘柄をだして行くしかないのです。

もちろん、そろそろ上昇が終わるとでもなれば、もちろん売りを推奨する事になりますが、とにかく今は上昇を考えて行くしかないのです。とりあえずはGW頃までは保つだろうと思いますし、場合によってはそれ以上も考えられます。また、上昇が終わったように見えても。単に調整に入るだけで、上昇が続くかも知れません。

まあ、この辺は動きと情勢を見ながら判断して行かなくてはならないので、今は考えるべき事ではありません。今は今の動きを見て、どうすべきかを考えて行けば良いのです。とりあえず、良い物はとにかく騰がる相場であると考えて甥でしょう。

一般向けにも推奨させて頂いているツガミは900円前後で揉み合いを続けておりますが、そろそろ4桁に向かって動き出してくるのではないかと思います。うちとしては550円付近から買っているので、単に様子見ですが、こうした余裕のある投資をしていくためには、誰もが買いたくないと思う様な場面で買わなくてはならないのです。

ツガミは、増資を発表し、希薄化懸念が囁かれる中で、この動きは買いだと判断して買いに行ったのです。投資とは安い所でリスクを覚悟して買いに行くのがベストであり、本来こうした高いところでリスクを覚悟して買いに行くものではないのですけれども、ここからでも未だ取れると思いますので、引き続き4桁目標で注目して頂ければと思います。

もちろんですが、これよりも自信のある良質な銘柄も推奨しておりますが、これに関連してはメンバー専用とさせて頂きます。

私と同じ意見の方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると助かります。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。