対ドルでと限定しておきますが、円高の流れは変わったと見るべきでしょう。どこまで円安になっていくかは分からないのですが、時と共に円安は更に進んでいくと見ておいた方が良いでしょう。

これは、米の戦略の変更が影響しているからであると言えるのですが、何が変更になったかと言えば、対日政策よりも、完全に対中政策を重要視する様になった点でしょう。少々悔しさがあるのですが、やはりこれからの世界の中心は中国であると考えるべきであり、米は完全に中国に向けた政策を中心にして来たと言う事が言えるのです。

今まで、日本からの輸出が脅威であった米ですが、主要な日本の製造業は米に拠点を構えて現地生産を進める様になりましたし、年々米に対する影響力は縮小して来ていたのです。東日本大震災が起きても復活してくる日本は、今でもある程度の脅威ではあるとしても、中国の成長力に比べれば「重要視」する必要は無いと言うレベルになってしまったのでしょう。

今までは日本政府がデフレを止めるために金融緩和を!としても、絶対に「YES」とは言わなかった米ですが、ここまで影響力が落ちれば問題ないと判断したのでしょう。日銀のインフレ目標の設定を評価し、日本株を力強く買う様になってきたのです。

実は、この材料は最初はかなり過小評価してしまっていたのですが、実は凄い材料でありまして、インフレ目標を達成するまでお金をばらまき続けると言う話でありますので、経済指標がインフレを示すまでは次々に資金供給が成されていく事になるのです。これで株を買わない方がどうかしているわけで、こうして株価は上昇を続けてきているのです。

米はこれまでドル安による輸出の拡大を景気回復に繋げようとして来たわけですし、それはここまで上手く機能してきたように思いますので、政策は成功していると言って良いのですが、これ以上ドル安にしてもあまりメリットがないと判断したからこそ、日銀のバラマキを肯定しているのだと思うのです。

こうなってきますと、ドル安は終わって、今度はドル高になって行く事になるのですが、QE2までにばらまいた巨額のマネーはそのままでありますので、株価は高い状態が続くと言う事になりますし、今度は日本からも新たに資金供給が成されていく訳ですから、更に株価は上がっていくと言う事になるでしょう。

日経平均で1万円回復は当然と見るべきでしょうし、更にその先もあると考えて行動して行くべきでしょう。もちろん売り場は来ますが、当面はどれ程強気を維持出来るかが勝敗を分けるポイントとなるのではないかと思うところです。

私をご支持して頂ける方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると幸いです。
↓↓↓↓


最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。