大手輸出企業に気を遣い、通貨の価値を守らなくてはならない日銀が、何もしない政府に代わって通貨の価値を下げるべく金融緩和に踏み切った事で、円は売られる事になりました。これにより、確かに株価は上昇してきました。投資家としては、株価は上昇しやすくなりますし、悪い事ばかりではないのですが、国益と言う視点から見た場合は、マイナスである様に思えるのです。

今までも何度か取り上げておりますが、原油価格は上昇の一途であり、既にリーマンショック以前の高値を更新する様な勢いを見せておりますが、小売りの値段に反映されるまでのタイムラグがあったとしても、この値上がりの影響を軽微にしているのは、間違いなく円高であったのです。

ガソリンが高騰し、連日ガソリンを入れる車がガソリンスタンドに列を成し、あっちのガソリンスタンドが1円安いなどと言っては道路に行列を作る愚かな人で町は大迷惑したものですが、円高でなければ既にあの状況が再来している状態なのです。

確かに、安物商売をやっている大手電機にとっては円高は脅威でしょう。安物車を売る自動車メーカーにとっても脅威かも知れません。しかし、どこの国でも作れるような安物で喰っていこうと言うのが間違いであり、伸ばすべきはブランド力であるはずなのです。それを、売れないのを円高のせいにし、自国の通貨の価値を下げる様に仕向けるなんて事をする必要などないのです。

以前にも書いておりますが、円安で輸出企業が大儲けをしたとしても、社員の給料が大幅に上がったなどと言う話は一度も聞いたことがありませんし、実際に上がっていないのです。幾ら儲けても海外投資に使うか、役員の報酬で消えるばかりであり、税収は伸びるかも知れませんが、血税を注いだ分に見合う税収にはならないでしょう。よって、多くの国民からすれば損と言う事になるのですから、これは国益ではないと考えるべきなのです。

円安の方が投資は楽なのですが、円高でも上がる株は上がるのですし、国益を考えたならば、無理に円安を作り出す事には反対であります。ただ、方針を変えてくれる訳ではないでしょうし、円安方向で行くというのであれば、それに合わせた投資をして行くしかありません。

まあ、円高よりは楽なのですが、円高は国を破壊しませんが、円安は国を破壊しますからね・・・。株価は上がっておりますが、実は円高よりも注意が必要と言う事になるのです。楽が出来る分だけリスクも高い。高くなればなるほどに、気持ちを引き締めていきたいものです。

私をご支持して頂ける方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると幸いです。
↓↓↓↓


ただいま3月メンバーの募集中です。メンバー向けには為替動向、個別銘柄など、より実践的なレポートを発行しております。

なお期間限定ですが、全額返金キャンペーンも行っておりますので、チャンスを逃さないために是非一度だけでもご利用してみてください。

会費以上のコストパフォーマンスの高い情報を配信できると思います。

お申し込みはこちらから ⇒ http://soubakan.com/
 
携帯の方はこちらから ⇒ http://soubakan.com/mobile.html

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。