大学の入学時期は世界的には秋入学がほとんどであり、春入学の日本はかなり特殊であるため、グローバルな人材確保や、就職支援のために東大は秋入学に移行する・・・。主旨は分かりますし、世界標準にして行く事に異論はございません。

ただ、東大は国立大学の「長」であり、多額の税金が使われている大学であるのですから、幾らグローバルな人材確保が必要と言っても、外国人留学生の為にお金を使っていくのは、それ程大事な事なのでしょうか?

確かに日本人の学生が外国企業に就職するのには有利になるかも知れませんが、狙い通りに留学生が増えて来たとするならば、間違いなく日本人の入学率は低下することでしょう。まあ、賢い人間しかいらないと言う意見も理解出来ますが、国立大学がその様な姿勢で良いのでありましょうか?国に頼らない私立学校であるならば、自由にやっても良いと思うところですが、多額の税金が投入されている国立大学がその様な姿勢であることには非常に違和感を感じるところです。

今、企業もグローバルな人材を確保するために、秋に人事を行ったりしているところも増えている様ですし、もはや秋入学の流れは変わらないのだろうと思いますが、国も企業も揃って外国にばかり目を向けており、誰も国内の事は考えていないと言うのが浮き彫りになっております。

確かに教育の質が落ち、学力だけでなく、気合いも根性もなければ、恥も知らないような若者が多い様ですし、おまけに少子化で「パイ」自体が小さくなっているのですから、これでは外国人の方が魅力的に見えても仕方のない事ではあるのですが、やはり国立大は国のためにあるべきであると言えるのではないかと思うのです。

研究室の多くは外国人と言う事になれば、いずれは教授も外国人となって行くでしょうし、それが全て悪いとは言いませんが、結局はそこで研究されたものの多くは母国へ「お持ち帰り」となる訳です。どこに国益があるのかとても理解に苦しむ話です。

最近目にした記事で、日本に来る外国人は当たり前のようにバイリンガルであり、積極的で且つ頭が良いと評されておりますが、日本は非常に特殊な文法を持ち、文字数は世界一で複雑怪奇。日本語をマスターしようと日本に来る外国人が賢いのは当たり前です。

これに対し、日本も英語を勉強しなくてはならないという理論が台頭しておりますが、ハッキリ言って日本人からすれば文法の違う英語は非常に難しいのです。一握りの外国人が日本語をマスターするのと同様で、英語をマスター出来るのは一握りの日本人と言う事になるのです。

そもそも、グローバル企業にでも勤務しなければ、英語なんて分からなくても何の苦労もなく一生を終えられますし、多くの日本人には必要のないものなのです。外国を学ぶと言う意味では必要な教科だとは思いますが、何でもグローバル化が正しいと言う考えで突き進むのは非常に危険であると言わざるを得ません。

いつも不安を煽るメディアと、信念がない政治家、己の保身しか考えない官僚・・・。これでは正しい答えが出てくるはずもないと思ったりもするところですが、幾ら世が動こうとも流されない「信念」を持って生きて行きたいものです。

そして、相場の世界も「信念」が大事であるのです。例えば「長期で復興関連の銘柄が上昇していく相場」を予想し、それらを買って「含み益」が大きくなって行くことを喜んでいたのに、日経平均が上昇する相場になれば当然、調整となる銘柄も出てくる訳で、復興関連銘柄の目先の調整局面で動いている225銘柄に目移りしてしまうのです。

確かに目先とは言え下がるのは面白くないでしょう。しかし、相場がどの様に動こうとも、本質は何も変わっていないのですから、目先の動きに惑わされる必要など全くないのです。

株も人生も、まずは目の前にあるものを掴み。それをモノにすることです。「あっちが良い、こっちが良い」と、右往左往しても良い事など無いのです。東大の秋入学から始まった今日の記事ですが、例え世が変化したとしても、「真理」は変わらないのですから、是非とも「信念」を持って生きて欲しいと願うところです。

私と同じ意見の方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると助かります。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。