今朝の日経新聞4面の記事ですが、「証券詐欺 手口巧妙に」「偽売買話で業者連携世界情勢織り込む」と題して、相変わらず減らない証券詐欺についての記事が載っておりました。最新の詐欺の手口がいくつか示されており、締めくくりには「何故本物の証券市場に資金が集まらないのに詐欺被害が拡大しているのか。証券業界は実態把握を受け、証券詐欺対策の議論を始めた。」とありました。

確かに手口は巧妙になってきており、被害者にも同情の余地があると思いますが、多くの場合は「元本保証」というところに引っかかっている様で、完全に知識不足が招いた愚かな被害であると言えるでしょう。元本が保証された投資なんてものがある訳がなく、そんなに美味しい投資なら銀行がいくらでもお金を貸してくれるでしょう。投資で元本保証されているものなど、この世に存在しないのです。何せ銀行預金ですら1000万円までしか保証されていないのですし、投資で元本が保証されていると考える方がどうかしているのです。

ただ、これだけ色々な危機が報道される中で、安全志向の強い日本人がこの「元本保証」と言う甘い言葉に引っかかるのも無理もないと言えますし、多くは判断能力の落ちた高齢者が狙われているのです。年金は破綻しそうだとか、景気が悪いだとか、不安になるような事ばかりが世に溢れておりますし、今は多くが判断能力の高い若い世代が高齢者と共に暮らしていないので、これはもう避けようのない犯罪であるように思えてなりません。

やれるとすれば、証券詐欺の罪を無期懲役ぐらいにして、徹底的に取り締まるぐらいしかないでしょう・・・。残念ながら、啓発活動などでどうにかしようとしても、不可能であると言えるのです。何故に資金が株式市場に集まらないかと言えば、この元本保証という詐欺でありますから、これはもう戦いようのない話なのです。

誰しもお金を持っていれば、少しでも増やしたいと願うでしょうし、それは間違いでは無いと思うのですが、増やすと言う事はそれなりにリスクがあるという事を認識し、決してそれを避けようとしない事です。どんなに安全な道を進もうとしても、増やそうと思った時点でリスクは出てくるのです。こんな啓発活動などほとんど役に立たないかも知れませんが、詐欺に遭いたくなければ、自分の責任と、世の常識をしっかりと理解しなくてはなりません。

投資に安全だとか、元本保証なんてものはどこにもないのです。増やそうと思ったらリスクが出てきますし、投資で利益を取る人はそれを理解して最善の選択を続けた方だけなのです。簡単な世界ではありませんが、恐ろしく難しい世界でもありません。

結局、詐欺を働いた人物を捕まえても、ほとんどのお金は返ってこないのです。そんな目に遭いたくなかったら、現金を大事に持っておくか、勇気を持って投資の世界に入っていくかです。

私と同じ意見の方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると助かります。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。