イランの核開発に対する制裁として、イランの輸出先第二位のEUがイラン産の原油の輸入を7月から全面停止すると発表しました。米は輸出先第三位の日本に対しても輸入を自粛するように求めており、日本もそれに答えるような形になっており、イランの反発は必至でありましょう。

イランは輸入を禁止すればホルムズ海峡を封鎖すると通告してきており、実際に封鎖できるかどうかは微妙としても、安全な海峡でなくなることは確かであります。米もEUもそんな事はさせないという自信があるからこそ、こうした行動に出ているのだとは思いますが、かなり乱暴な話であるとも言えるでしょう。

確かに核開発は脅威であるかも知れませんが、自分自身が核を持ち、その上で他国に持つなと言うのはおかしな話であります。所謂「俺はあいつとは違ってまともだから、核は持っているけど使わないんだ」的な考え方であり、警察官の拳銃のような存在だと考えているのでしょうけれども、常に虐められる側にとっては、やはり自分も手にしたいと思うのは当然でしょう。

また、関与は否定しているものの、核技術者が三名も暗殺されており、イラン国民は100%この暗殺は米の仕業だと考えている事でしょう。こんな状態でイランが怒らない訳がなく、当然の成り行きであると言えるのです。

もし、イランに核開発を辞めさせられる事が出来るとすれば、核兵器を持たない日本が適任であるかも知れません。核なんて、結局は使えば放射能で汚染され、あれは食えないだとか、あそこには住めないだとか大騒ぎになるのですし、使わずとも事故が起こっただけでも大変な事になるのです。保管にも莫大なコストがかかりますし、良い事など何もないと教えて上げれば良いのです。

まあ、そんな簡単な事ではないのですが、なにも欧米を挑発する必要も無いし、挑発に乗る必要も無いのだと、友達として教えてあげるべきだと思うのです。

結局、最終的にどの様な状況に至るのかは分かりませんが、いい加減こんなくだらない喧嘩の起こらない世界になって欲しいものです。喧嘩したくなるように仕向けるのが得意な人達が居るので、血の気が多いと直ぐにこうした事態に至ってしまう訳ですが、ここで喧嘩をしても米が得するだけの話であり、冷静に行動して行くべきなのです。

もし、このままホルムズ海峡が封鎖されでもした場合、世界中で原油価格は高騰してしまうでしょう。一説では200ドルを超えるとも言われておりますし、産油国以外に得する所はないはずなのですけどね・・・。まあ、米は産油国でもありますし、トラブルが起きれば軍隊を使えるので、兵器産業も儲かると言う寸法であり、一番儲かるのは米でありましょう。

強引に核開発をしたところで、また血が流れるだけです。どうか、考え直して頂ければと思うところですが、株式市場に影響が出てきそうな時には、改めてレポートして行きたいと思います。

私と同じ意見の方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると助かります。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。