確かに国の借金が1000兆円は酷いと思いますし、よくもまあここまで無駄な事をやってくれたと思うところでありますが、誰に対して誰が借金をしたのか?と考えた場合、国が国民に対してした借金であり、どう考えても国民の借金ではないのです。

国民がせっせと貯金したお金を、勝手に使ったと言うだけの話であり、国がそれを返せば良いだけの事なのです。それを、返すお金がないからと言う事を理由に増税すると言うのは、どう考えてもおかしな流れなのです。

まあ、無駄に貯金していたお金を経済のために使ってくれていたのですから、一概に悪いとも言い切れないのですが、無断で使うのはやはり良くない話でありますし、その多くは公務員の人件費で消えて行っているのですから、まずはその無駄遣いから解消していくのは当たり前の話なのです。

ただ、そもそも本当に返す気があったのであれば、ここまで借金をするはずもありませんし、最初から返す気はなかったと考えるべきではないかと思うのです。要は、利払いさえ出来てればそれで良いと言う考えでありますが、税収が減りすぎてそれが出来なくなって今頃、大騒ぎしている訳です。

ならば、税収が増える努力をしなくてはなりませんし、支出の大部分を占める公務員の給料を削減するのは当たり前の事であるでしょう。赤字会社の社員に一流企業並みの給料を払うためにお金を貸してくれる銀行はないのです。公務員は「別物」であるとでもお考えなのでしょうか?

野田総理は、どうしても増税をしたいようですが、そう言うことは景気が良い時にすれば良いのです。何もこんなに景気が悪い時にそんな事をする必要は全く無いのです。そもそも日本は対外債務はないに等しい訳ですし、世界一の債権国であり、世界中にお金を貸している国なのです。

また、目減りしておりますし、今後も流出は続く可能性が高いとも言えますが、国民の貯蓄には未だ余裕があるのですから、こんなにも景気が不安定な時に、景気を悪化させる増税をしようものならば、それこそ日本経済にとどめを刺すことになりかねないでしょう。これほど愚かな思考はないと思うのですが、バカの一つ覚えのように増税しか言わない総理・・・。今ほど日本を恥ずかしい国だと思ったことはありません。

それと、借金1000兆円と言いますが、短期国債の残高までを借金として計算しているのは日本だけなのです。他の国は10年ものなどの長期国債の残高だけの話であり、実は日本だけが突出している訳ではないのです。

不安を煽るような事ばかりを言っておりますが、はっきり言って今は危機的状況ではないのです。このまま無駄を続ければ危機的状況に至るでしょうし、無駄は削らなくてはなりませんが、今はその時でないのです。財務相は色々と言ってくるでしょうけれども、それを黙らせて国民のための財政運営をするのが政治家の仕事のはずなのです。

政治家の仕事とは、誰が何と言おうとも税金の使い道を判断する事なのです。無駄なところは削って当たり前なのです。大体、そんなに財政が大変ならば、まずは自身の給料を返上するだとか、普通どこの社長さんでも会社が大変だったらまずは自分の給料を減らしますけどね・・・。もちろんそんな良い社長さんばかりでもありませんが、日本のトップは「良い人」であって欲しいと願うところです。

1000兆円の借金は確かに大変な金額ではありますが、無駄を廃し、経済そのものを成長させることが出来る様になれば、返せない額ではないでしょう。その為に必要なのは増税ではない事だけは確かです。

私と同じ意見の方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると助かります。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。