今日の東京株式市場は軟調なスタートとなっていますが、様子見姿勢の中で売りが優勢になったと言うだけのことであり、特に流れが変わったような感じではありません。引き続き材料株は堅調な値動きでありますし、投資方針にも変化はありません。

特に期待している某建設株は、相場につられて軟調なスタートとなっておりますが、こうしたところこそが買い場であり、積極的に狙って行くと良いでしょう。

また、某建設資材株は、地味ながらも堅調な値上がりを見せてきており、近いうちにこの長かったボックスを抜け出してくるのはないかと見ております。ここのところ注目度を上げてきた訳ですが、更に注目して行って欲しいと考えております。

昨日から押し目買い推奨としているJQ銘柄も軟調なスタートでありますが、こう言った局面を狙って買い溜めていくと良いでしょう。日経平均は軟調ですが、個別にスポットが当たりやすい相場環境ですので、動きのない内にしっかりと対応していくと良いでしょう。

今日にはスペイン国債の入札があり、明日にはイタリア国債の入札があるので、様子見したいと言う空気もあるのですが、本命はあくまでも来月であり、今回の入札はそれ程問題にはならないはずですし、様子見するよりも行動した方が良いように思うのです。

ただ、どうしても材料株が中心となりますので、一般的な国際優良株などを買う相場ではありません。その点を良く考えて仕込んで行かれると良いでしょう。聞き慣れないような銘柄が突如として大幅高するような相場であり、なかなか難しいかも知れませんが、良いものは必ず買われる時が来ると信じて行動して行くと良いでしょう。

良いものは買われる!この信念がこの相場で勝利するための秘訣であると思います。

とりあえず復興関連株は手堅く行けると思いますので、是非ともこのセクターだけは買う様にして行くと良いでしょう。ユーロ圏でショックが起こったとすれば、その世は多少なりと受けるかと思いますが、その後に復活して行くのは復興関連であると考えて良いはずなのです。

是非、良く検討し、余裕を持ちつつも前向きに投資行動をとって頂ければと思います。

私を応援してくださる方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると助かります。
↓↓↓↓


最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。