売買高が大幅に減少し、東証は相当焦っているのでしょう。自身の経営努力をせず、取引時間の延長だとか、高速取引などに時間とお金を使ってきたわけですが、今度は上場基準の緩和をするとのことです。

その基準緩和はかなり大幅なものであり、新興市場よりは厳しいが、新興市場との垣根は随分と低くなった様に見えますし、もはや二部市場は要らないのではないかと思います。

とりあえず、大証との合併は実現するのでしょうから、市場が統合されれば金融庁からの天下りも減るはずですし、良い方向に動いている部分も一部あるにはあるのですが、オリンパスの粉飾決算を見過ごしたりしておりますし、監督能力はかなり低いことが証明されているのです。

監督能力が低いのに、上場基準を緩和すれば、相当「質の悪い企業」も潜り込んでくるわけでありますし、現状でこの様な方向へ動いて良いのか甚だ疑問であると言わざるを得ません。

語弊があるかもしれませんが、結局は監督責任がどうとかよりも、目先の売り上げの方が重要であるようで、その為には投資家の不利益は無視すると言うのが、同社の経営方針なのでしょう。投資家の利益を優先するのが最終的に東証の売り上げにつながるという経営の「王道的」な考え方ができないのでしょうね・・・。何とも酷い話ではありますが、監視すべき金融庁の天下りが運営する会社であり、普通の民間的考えと言うのは湧き起こらないのでしょうから、これはもう諦めて新しいルールに従うしかありません。

ただ、相当質の悪い銘柄が出てくる可能性が高まりますので、銘柄の厳選は非常に重要と言う事になります。こんな方針は、単に投資家の信頼を損ねるだけのように思うのですけどね・・・。時代の流れと共にルールが変わっていくのは当然だと思いますが、ちゃんと投資家の視点に立ったルールを作って欲しいものです。

はっきり申し上げますが、今の東証の考え方では、しばらく投資資金が戻ってくる事はないでしょう。まあ、いずれインフレに至りそうですし、最終的には株は買われる世の中になると見ておりますので、どんなに下手を打とうとも、いずれは売り上げも上がってくることでしょう。天下り機関が潰れる事もないでしょうしね・・・。

私と同じ意見の方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると助かります。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。