今日の相場は特に悪くもないはずでしたが、随分と軟調な展開で始まりました。この原因は明らかに東電の急落であるのですが、何故にここで急落してきたのでしょうか。

昨日、経済産業省との調整が進み、週内に東電の再建策を発表するとし、合理化計画などを発表していたので、これは間違いなく国も合意の上で東電を生かし賠償をさせて行く方針であると見ておりました。

ところが、今朝の毎日新聞によりますと東電は解体する方向である様な記事が掲載されており、これが東電売りに繋がったと言う事になるのですが、おそらくは政府か、官僚辺りからのリーク情報であろうし、ガセではないと思われます。だからこそ売られているのでしょうけれども、前日は今後の再建策を発表しているのですから、一体何がどうなっているというのでしょうか。

一つの問題は政府が一枚岩ではない点でしょう。自民党、共産党、社会党などの全く思考の違う議員が集まった民主党ですから、意見がまとまるはずもないのです。東電を助けたいグループと、そうではないグループがあるわけで、こうしたばらばらな意見が出るのも仕方が無い事ではあるのですが、あまりにもお粗末と言えるでしょう。

単に選挙で勝つために必要な看板が欲しい議員が集まったのが民主党であったというだけで、共通の考えがない酷い党であると言わざるを得ません。

しかし、何故にこのタイミングなのでしょう?明日はSQですし、EU首脳会議です。明日のSQは高いと見ており、直前でも買いたいところはあるはずなのです。どうも、この東電の下げは、買い場を提供するために作られた汚いニュースのように思えてなりません。

余裕があればですが、この東電の下げたところを買いに行くと良いでしょう。この材料で売る必要性は、全く感じません。

こんな政治に早く決別し、まともな政治が行われる日が来ることを願っておりますが、今のところその願いは夢のまた夢となりそうですね。

私と同じ意見の方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると助かります。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。