同じ材料でも、好材料と判断するか、それとも悪材料として判断するかで悩んだ事はありませんか?ないとするならば、よほどの相場功者か、相場を全く知らないかと言う事になりますが、この判断が上手く出来る様になってきますと、勝率が大きく上がってきますので、是非ともマスターするようにして頂きたい項目です。

今朝、新聞で報じられた記事に、中国が金融緩和を実行し、預金準備率を3年ぶりに引き下げたと言うものがありました。もちろん、これは好材料でありますが、この材料が出てくるのは誰にでも予想出来る簡単なものだったのです。

どう言う事かと申しますと、昨日までの相場は、中国の景気減速を示す指標が次々と出てきており、相場はそれを嫌気して売られている部分があったわけで、中国の景気が心配だと言った内容の質問も多く寄せられたりしておりました。

確かに心配ではありますが、これが金利がどん底の日米欧なら打つ手なしとなって、非常に困った状況に至る可能性があるわけですが、中国は金融引き締めを実行して来たために、緩和の余力が十分にあるのです。

簡単に緩めれば、バブルを助長するとこになるため、簡単に緩和はしたくないと言う現実もありますが、緩和できるのに緩和しないわけがないのであり、日々中国の経済状況が悪いというニュースが出る度に、これは金融緩和に繋がる好材料だと言う事で、レポートし続けてきました。

結果、金融緩和が実行され、相場を押し上げることになったわけですが、緩和のニュースを聞いてから買っても遅いのです。市場が悪材料と判断し、売られているところを買うから美味しいのです。

こんな簡単な話であるのですが、相場は見ての通りで、中国の悪材料が伝えられる度に下げてきたわけです。賢く立ち回り、賢く利益を取っていきたいものですね。

分かりきっている事も悪材料にはなりません。このままではユーロが崩壊すると危惧されておりますが、崩壊すると分かっていて崩壊させたら、ただの無能者です。まあ、無能者である可能性もありますが、この局面で無能者に賭けるのは間違いでありましょう。

銘柄にもよりますが、徹底した買い下がりをお勧めしているのには、ちゃんとした理由があるのです。皆さんも、納得できる投資活動を実行し、良い利益を掴んでいって下さい。もし、サポートが必要であれば、何時でもお問い合わせ下さい。出来る限りのお手伝いをさせて頂きたいと思います。

ただいま12月メンバーの募集中です。メンバー向けには為替動向、個別銘柄など、より実践的なレポートを発行しております。もちろんですが、私は勝利を保証している訳ではありませんし、予想が外れる事もありますので、入会すれば必ず儲かるとは言えません。ただ、右も左も分からずに投資しているよりは、かなりの力強さを感じる事が出来るでしょう。

なお期間限定ですが、全額返金キャンペーンも行っておりますので、チャンスを逃さないために是非一度だけでもご利用してみてください。

会費以上のコストパフォーマンスの高い情報を配信できると思います。

お申し込みはこちらから ⇒ http://soubakan.com/

良い銘柄をしっかりと仕込み、共に良い正月をお迎え致しましょう!

私と同じ意見の方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると助かります。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。