大阪が動きましたね。流れ的に当然だと思いますし、旧態依然の行政が続くよりは、若い力で政治をやっていくことには賛成です。橋下氏には大きく期待しているところですが、不安がないわけではありません。

今まで、あまりにも無駄が多すぎたために、民の活力を奪う結果にしかならなかった行政が、橋下氏の指揮の下に変わっていく事が出来れば良いのですが、少々怖いのは欧米で失敗が明らかになった「選択と集中」を実行使用としている点です。

無駄はいけないのですが、「選択と集中」は貧富の差の拡大以外の何ものでもないのです。このバランス感覚は、彼にどれ程あるのか・・・。

以前、民主党が政権を奪った時に、駄目と分かっている自民党よりは、民主党の方が良いし、改革をやるつもりがありそうだと言う事で応援していたのですが、結果はご覧の通り。あっという間に官僚にコントロールされる自民党と変わらない族議員集団に成り下がってしまっているのです。

無駄を減らすことは日本にとって重要な課題であるわけですが、その答えが「選択と集中」であるとは思わないのです。あくまでもバランス良くが前提であり、そのバランス感覚が悪ければ、より酷い結果になりかねないのです。

過去の言動から推察するに、橋下氏はそう言ったバランス感覚もある人物であると感じているところではあるのですが、どうなるかはここは様子を見ていくより他はないでしょう。とりあえず、良い事ばかりを言う人物ではありませんし、大阪府民はベストの選択をしたように思いますけどね・・・。

府民が選んだ橋下氏は、果たして大阪を、そして日本を良い方向へ変えていく事が出来るのでしょうか?期待したいところですね。

私と同じ意見の方は下の点滅するバナーをクリックして頂けると助かります。
↓↓↓↓

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。