ジワジワと進んでいる円高は遂に75円台前半にまで進んできました。投機的な動きには断固たる対応をとしている政府ですが、どう見ても投機的な動きではありませんので、介入には至らずの日々が続いておりますが、介入してもその場限りの円安にしかなりませんので、介入しないことは正しいと思います。

ただ、多くの個人投資家が介入に期待してドル買いに動いている様で、この局面でのドル買いは間違いだろうと思うところですが、このまま円売り介入がないままに75円台を割り込めば、かなりの個人がロスカットの行動を取ってくるものと思われます。

そして、その動きはさしずめ投機筋のような値動きになるかも知れません・・・。それを見た政府が円売り介入となれば、身内で身内を苦しめ合う最悪の行動と言う事になるでしょう。

結局、投機筋等と言うものは、すっかり力を失っており、それ程驚異ではないのです。恐れるべきは、個人の投資資金と言いますか、もはや投機資金であります。まあ、これを投機筋と呼べば良いのかも知れませんけどね・・・。

さて、外国人は日本の個人投資家をミセスワタナベと呼んでいる様ですが、ミセスワタナベはこの相場を乗り切ることが出来るのでしょうか?目先は恐ろしい日程でありますが、ちゃんとその辺は考えておりますでしょうか?

ポイントは3日のG20と、2日のFOMCで、3日はご存じのとおり文化の日で休日なのです。為替は75円半ばの取引でありますが、2日にかけて75円を割り込む場合は最悪のシナリオになりそうなのです。

この続きは明日にでも書きたいと思いますが、ちゃんと先行きを考えて行動しておかないと、かなり酷い事になりかねません。あらゆる事を予測し、ベストの対応をして行って欲しいと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。