ギリシャ債務を50%削減すると言う事で、NY株は急騰し、今日の東京株式市場も大幅上昇でのスタートとなりました。NY程の上昇には至っておりませんが、なかなかの強さであると思いますし、少しは不安も後退したのだろうと思うところであります。

ただ、現実的に考えて見て、本当にこれで不安は後退したと言えるのでしょうか?いくら借金を50%減らすとしたところで、債務がなくなった訳ではなく、おまけにギリシャ国民はこの決定に納得していない様であります。

結局、国民が働かない事にはどんなに借金を減らしたところで無意味であるわけで、これで解決とは行かないと見るべきであり、国民の様子を見ている限りではありますが、最終的には100%デフォルトと言うことになるのでしょう。

ただ、以前から予測しているとおりではあるのですが、欧州各国はギリシャがデフォルトしても大丈夫なように調整を進めてきているわけですから、こうして50%デフォルトでも株価は上昇しているわけです。

よって、100%デフォルトとなったとしても、その時にはそれは問題ないと言う事になっているのでしょう。そして、株価はそれを機に更に上昇と言うことになる可能性も高いと見るべきです。

今月上旬は、大分嫌な空気が流れておりましたし、多くの方はギリシャがデフォルトしたらどうなるかと不安だったかと思います。随分と先物に売りも入っていた様ですし、多くは下げ期待で行動していたようですが、私は上昇を予測しておりましたし、やはり上昇となってきました。

少々タイミングは早かったのですが、方向を見誤っていたならば、酷い結果になっていたかもしれません。先を読むのは難しい事ですが、投資で利益を得ていこうと願うならば、出来るだけ先行きの見通しは外さないようにしたいものです。

今後も波乱含みではありますが、基本的には株価は上昇傾向にあると思います。後は投資先を間違わず、しっかりと利益を確保出来る投資を心がけるだけで良いのです。良い銘柄を選び、良い利益を得、共に良いお正月をお迎え致しましょう。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。