数ヶ月前から復興銘柄が相場の中心となるとレポートし、特に震災後に飛びついた買いの信用期日を過ぎた辺りから本格的な上昇になるとして、徹底した買い下がりをレポートして来た訳ですが、相場は見立て通りに的中し、多くのメンバーさんが含み益を膨らませて行っている状況です。

ただ、多くのメンバーさんが喜んでいるし、これ以上の選択はないだろうと考えているところではあるのですが、新規銘柄は全く発表していない状況が続いているのも事実であり、本当は新規のメンバーさんにも買いやすいような銘柄が出てくれば良いのですが、復興以外に銘柄が広がる気配はほとんどなく、しばらくはこんな状況が続きそうな感じであります。

まあ、実際に外資系も復興関連には買いを入れている様ですが、それ以外にはほとんど手を出しておらず、下手に先回りをしても効率が悪いだけと言う感じが強い状態ですから、やはり当面は復興関連を柱に考えて行くしかないと言えるでしょう。

この弱い相場の中、勇気を持って買いに行ったメンバーさんの多くは含み益の増加に胸躍らせている訳ですが、改めて注意をさせて頂きたいのは、今はあくまでも含み益であり、利益が確定したわけではないと言う事です。

利益は、確定させて初めて手にするものであり、含み益はどこまで行っても含み益でしかないのです。含み益を利益と勘違いし、家や高級車を買い、結局は株価が下がって支払いが困難になった投資家を何人か見てきておりますが、皆さんにはその様な事になって欲しくありません。

今は未だ復興相場が始まったばかりであり、どう考えても売り時ではありませんので、当分我慢が続くかと思いますが、本当に大きな利益を手にしたいと考えているならば、当分我慢して行くべきでしょう。

復興は、間違いなく太い柱ですので、そう簡単に折れることはないでしょう。是非、自信を持って保有して行くことをお勧め致したいと思います。もちろん、一番のお勧めは、「あれ」と「あれ」ですので、それだけは外さないようにして頂ければと思います。

何故にあれかと言いますと、今回の復興には絶対的に不可欠な企業でありますし、外資ががっちりと買っている銘柄であるからです。外資は売り越し姿勢でありましたが、全てを売っているわけではないのです。ちゃんと買っている銘柄は買っているのであり、外資が売っているから駄目だと言う事ではないのです。森を見て木を見ずではいけないのです。

先行きをしっかりと予測し、良い利益を手にして行きましょう。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。