これほどくだらないと思う話もないのですが、デフレと不況に悩む日本が、税収不足を補うために増税をすると言うのです。未だ決定ではないとしても、そうなりそうな気配は濃厚であり、おそらくは避けて通れないのでしょう。まずは歳出の削減をし、それでも足りなければ増税とすべきですし、何より経済を活性化させ、税収増を狙うのが一番のはずなのですけどね。歳入が足りないから増税・・・思考は園児並みとしか言いようがありません。

一体何が日本経済をここまで停滞させているのか?本当にお金がない訳ではないのです。3位に落ちたとは言え、この小国がGDPで世界3位なのです。なのに、こんな事になっていると言うことは、単にお金が世に回らず、貯蓄として腐っているからに過ぎないのです。貯蓄好きは国民性もあると思いますが、まずはここから何とかすべきであるのです。

まあ、国の借金が1000兆円にもなろうと言う時ですから、既に国民の貯蓄を勝手に1000兆円も使ってしまったと言っても過言ではないのですが、苦しい苦しいと言えば言うほどに、余裕のある人は貯蓄に回す金額を増やしていくのです。元々貯蓄率は世界一ですし、貯め込んだお金を使うようにしてやることこそが景気浮揚の特効薬であるはずなのです。

また、高所得者から取る税が高いのはある程度仕方ないとしても、いくら何でも取りすぎなのです。社会保障費までを考えたならば、所得の半分は税として持って行かれますからね・・・。いくら何でも取りすぎであるとしか言いようがありません。経済を活性化させたいのであれば、まともな消費であることが前提ですが、明確に消費と分かるものは所得控除として認めれば良いのです。

おそらくではありますが、使えば使ったなりに税が軽減されるとなれば、消費は増えるはずなのです。消費が増えれば、税収も増えるのは当然であり、景気も良くなるし、税収も増えるしで、かなり明るい未来が見えてくる事になるはずなのですけどね・・・。

ただ、日本が進もうとしているのは増税の道ですから、これは相当暗い未来がやってくる可能性が高いと見るべきでしょう。復興事業で景気が良くなるなんて甘いことを言う議員も居ますが、関東以西にはほとんど関係のない話ですし、儲かるのは復興関連企業が中心であり、それ以外はあまり関係がないのです。本当に困った話ではありますが、これこそが現実であり、我々はこれに備えて行かなくてはならないのです。

さて、既に答えが出てしまっておりますが、増税で苦しくなるとしても、復興関連企業は元気になることでしょう。と言う事は、復興関連企業の株価だけは元気になる可能性が高いのですから、我々投資家は復興関連企業に投資すれば、増税分を回収できる事にもなるのです。ただし、上がってから買っても駄目なのです。株は先回りをして、上がる前に買っておかなくてはなりません。

未だ買える株は沢山ありますので、ちゃんと狙いを定めて良い所を買っておくと良いでしょう。今の相場は銘柄選びはかなり重要でありますので、銘柄は慎重に選ぶようにして行くべきでしょう。メンバー向けには為替動向、個別銘柄など、より実践的なレポートを発行しております。もちろんですが、私は勝利を保証している訳ではありませんし、予想が外れる事もありますので、入会すれば必ず儲かるとは言えません。ただ、右も左も分からずに投資しているよりは、かなりの力強さを感じる事が出来るでしょう。

なお期間限定ですが、全額返金キャンペーンも行っておりますので、チャンスを逃さないために是非一度だけでもご利用してみてください。

会費以上のコストパフォーマンスの高い情報を配信できると思います。

お申し込みはこちらから ⇒ http://soubakan.com/

11月には本格的な相場に発展すると見ておりますし、今から準備をしておかないと、良い正月は迎えられないと思って良いでしょう。

良い銘柄をしっかりと仕込み、共に良い正月をお迎え致しましょう!

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。