500円割れを買い下がっていたエルピーダが600円近くまで急騰し、短期でも利食い出来たことは報告しておりましたが、何故にあそこで買い下がっていたのかと言いますと、外資系が強力に買い下がり姿勢で仕込みを開始したからでありました。

その後、再度500円割れがあり、そこも強気で買う様にとしていたのですが、半導体市況の改善を材料に徐々に再上昇となってきておりましたところへ、ゴールドマンサックス(以下GS)が中立から買いに格上げし、目標株価を750円として来ました。高いところでの格上げの場合、売り抜けを画策した格上げであることも考えられるのですが、まだまだ安値圏でありますし、安値圏での仕込みは終わったと言うサインと受け止めても良いでしょう。

この600円手前は売り物が溜まっているところでありますし、相場が軟調なために上昇してくれば売り物が出やすいと見ますので、今しばらくはこの辺りでのもみ合いとなりそうな気配も感じますが、安い所で買ったものは保有しておけば大きなチャンスに巡り会える可能性が高い様に思います。この高いところを追いかけるつもりはありませんが、非常に楽しみな格上げであったと言えるでしょう。

やはり、外資の行動はしっかりと観察し、本気で買ってくる可能性のあるものはしっかりと保有しておきたいものですね。ただ、過信は禁物ですので、常に一部利食いは出来る様に、出来れば複数枚を購入し、上昇で一部利食いをして行く事をお勧めしたいと思います。高いところで買いに行っては、いつまで経っても利益を取れる体質にはなれません。

何度も書いてきている事ですが、株は安いところで買って、高いところで売らないと儲からないのです。

さて、外資が買っている銘柄は他にもある訳で、それらもタイミングを見て格上げしたりと言う事もあるでしょう。軟調に見えても、良いものはいずれ買われるのです。時として様子を見ることはあるかも知れませんが、どれ程買っているかを観察していれば、それがどれ程力を入れているかは分かるのです。

どうやって観察すれば良いか?それはまあ、情報力でありまして、誰にでも出来る事ではありませんが、私の手に入れている情報で、皆さんの力になれると判断できたものは全て公開しておりますので、それらを参考に投資活動をして行けば、良い成果を上げられるようになる事でしょう。どうぞ、最大限情報を活用して頂ければと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。