ギリシャの1年短期国債の利回りは100%を超えているそうですが、1年もので100%を超えていると言う事は、100万円ギリシャ国債を買ったとすれば、1年以内に200万円になって返ってくると言う事になるのです。

確かに、破綻すれば紙くずであり、数百億円とか、数千億円というお金になれば、誰もが出し惜しみするのは当然であるかと思いますが、世界中の個人に対し一口1万円で1年以内に倍増の可能性あり!としてどこかが窓口になってギリシャ国債を扱えば、かなりの応募があるかも知れません。投資ではなく、投機と割り切り、倍増を狙って見よう!と言う触れ込みならば、意外と集まる可能性もあるのではないでしょうか?

ただ、一年内にデフォルトに至る可能性は相当高い訳で、私ならば買いませんが、パチンコで5万円使う事を考えたならば、ギリシャ国債を5万円分買った方が有意義なようにも思います。もしかしたら倍増ですからね・・・。

まあ、結局は破綻しかないはずであり、欧州首脳だってそれは分かっているはずなのです。破綻しても他国に多大な影響を与えない様にする為に努力しているだけであり、影響が限定的となれば、そこでギリシャはデフォルトでしょう。

そして、そこが本格的な相場の転換点となるはずなのですが、現時点でデフォルトになれば影響は確かに甚大となるでしょうから、現時点でデフォルトになる可能性は低いのですが、もしも近い内にデフォルトとなればそれなりに株は売られることとなるでしょう。

よって、どのタイミングでデフォルトになるかによって、相場への影響力が違うため、今はしっかりと先を読めないでおりますが、最終的にはデフォルトになり、株価も上昇に転じると見るべきでありますので、とにかく強気で対処して行く事が基本となりますが、押し目で買えないような強気では負けは確実でしょう。

ですから、今は余裕を持った投資が基本となり、その辺を良く考えて投資活動を続けて行くべきであり、そうした投資活動であれば、いずれ大きな利益に繋がっていくことでしょう。とにかく、ギリシャのデフォルトは起こったとしても予想外ではないのですから、相場は想定内のことに大きく反応する事はないのです。無駄に売らされる事のないようなスタンスで居て下さると良いかと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。