菅首相の辞任が濃厚となり、民主党は既に国民からは支持されていないにも関わらず、新たな代表を決めて次の政権も運営しようと言う時点で暴挙であるとも言えるのですが、次の代表戦の争点は増税であるとも言えそうで、増税のためなら大連立もと言う話になってきており、これはもう本当に大変な事態に進んでいきそうな気配であります。

何度も書いてきている事ですが、景気が悪い中で増税をしたならば、確実に景気は悪化します。人口減に歯止めがかからないため、デフレが止まらないので、まずはここを何とかしなくてはならならず、ここを解決してはじめて増税に行くべきなのです。

人口減に歯止めをかけるためには、増税どころか減税の方が効果ありと見るべきですし、経済を停滞させている預貯金を消費に向かわせる事こそが景気浮揚に役立つのです。まあ、預貯金が消費に向かうと、国債価格を支えきれなくなり、結局は悲惨な事になりかねませんが、今の若い世代は貯金能力が低いのですから、いずれ今のシステムは崩壊するのです。ならば、一日でも早く、景気浮揚を実現する政策を実行すべきであるのです。

将来に借金を先送りしないために増税と言われますが、増税しても借金の量が減る訳ではないのですから、ツケを将来に回すのを回避する等と言うのは詭弁に過ぎないのです。最初から目先の事しか考えていない愚策以外の何ものでもないのです。

まず、無駄を減らすこと!公務員の給料も高すぎるし、議員の給料も高すぎる。そして、無駄な事業が多すぎるし、無駄な補助金も多すぎる!民主党は言いました。無駄を削ると!しかし、その約束をすっかり忘れ、まずは増税だと言う・・・。これはもう、詐欺以外の何ものでもないでしょう。自民党も酷かったが、民主党はその何倍も酷い!

日本人は、体質的に指導者を持つことが苦手のようですが、ここは強力な指導者が出てこないことには収まりがつかないのではないか・・・。そんな気がしてなりません。

とにかく、現時点での増税は、間違いなく滅びの道です。復興の為なら増税も仕方ない・・・そんな考えを持っては行けないのです。甘い顔をしていると、本当に立ち直れないところまで突き落とされる事になりかねません。

企業は、電気代が高いし、円が高いから輸出が成り立たないと言い、工場を海外へと言う方針を執っているところが多くなっておりますが、増税すれば、今度は本社が海外へ向かって行く事でしょう。ここまでイカサマをやられて、それでも日本に居たいと、一体誰が思うのでしょう。本当にいい加減にして欲しいものです。

まあ、いずれにしても復興予算は決まってくるでしょうし、動きは出てくることになるはずですから、悲観ばかりではいけませんけどね。見るべきところをしっかりと見て、買うべきタイミングでしっかり買っていきたいものです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。