NYが大幅安となり、日本もそれなりに下げるだろうと覚悟していたのですが、意外と落ち着いた展開となっております。そもそもリーマンショックの影響が軽微であったのですし、米株の様に高値に迫っていた訳ではないので、下げだけに付き合う必要もないと考えておりましたから、下げなくても不思議はないのですが、これほどにNYが下げていると言うのに、いくら何でも強すぎやしないかと考えてみたのですが、日経一面トップは首相退陣表明とありました。

もし、このまま相場が切り返したならば、日本にとってはNYの大幅安よりも、首相退陣の方が好材料であると言う事になるのでしょう。嬉しいやら悲しいやら、何とも複雑な気分ではありますが、そもそもこの下げ自体が不可思議であり、独自材料であろうとも相場が上を向くのは良いことであります。

まあ、不可思議と言うよりは、インフレに向かう課程での一時的な株安と考えれば良く、諦めてインフレを受け入れる時は必ず来る事になるのです。何せ世界でマネーをばらまいているのですから、インフレにならない訳がないのです。インフレの到来は、リーマンショックの後に銀行を助けた時点で確定したことであり、もはや変えようのない未来なのです。

金が1800ドルを超えて来ているのは、その何よりの予兆なのです。リスク資産からの逃避と言う事で株が売られておりますが、ここで株を手放すのは非常に愚かであるとしか言いようがありません。何せインフレは株価も上昇させるのですからね・・・。

ですから、目先の下げで売らされたり、更に下げると思ってカラ売りしたり等と言うことは、絶対にしない方が良いのです。世界はインフレに向かっている!この事実をしっかりと受け止め、それにあった行動をとった者だけが、生き残っていくのです。是非、あなたも上手く立ち回って、この混乱を乗り切って行って下さい。

未来をしっかりと見抜けば、必ず活路はあるのです。目先の下げに惑わされず、しっかりと行動して行きましょう!

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。