結局のところ、この問題はどうなるかと言えば、合意はされると見て良いでしょう。今は合意時期が分からないと言うだけであり、合意時期の問題で相場は荒れるかも知れないが、これで米がデフォルトになると言う事はあり得ないと見て良いのです。何せ最終的にはドルを刷れば良いだけの事であるのです。こんな事で米がデフォルトとなるならば、ギリシャなんてとっくの昔にデフォルトしてしまっている事でしょう。

先週、米がこのデフォルト騒ぎで相場の混乱を狙っているのかも知れないという疑念を抱き、一時的に避難することをお勧め致しました。それは、最悪の事態が起こった時に売らされないようにと言うものであり、このまま期日までに合意が得られなければ、突っ込む相場も考えられるのですが、ここまでの動きから判断するならば、あまりそうした強烈な場面には至らないのではないかという予測も出来そうです。

ただ、期日までに確実に決まると考えて行動した場合、その思惑が外れた場合は酷い結末が予想されますので、あくまでも合意がなされずに相場が下落する場面も想定しておかなくてはなりません。何が起こるかは分かりませんし、美味しい局面というのは、そうした極端な動きが出た時であるのです。

よって、今はあくまでも余裕を持っての対応が基本となりますが、強気である事に変わりはないと言った感じでしょうか。後は銘柄選びを間違わない事です。ここさえしっかりしておけば、かなりの利益を確保していく事が出来るでしょう。全く、本当に迷惑な話でありますが、上手く乗り切って次につなげていきたいところです。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。