菅首相は原発の依存度を段階的に下げる事を力説し、多くの国民が願っている事を言ってくれたのはありがたいし、現時点で裏付けがないのも目をつぶるとしても、やはり退陣を明言している首相にそんな大きな事を言われても説得力に欠けるとしか言いようがありません。

言っている事は間違いなく正しいと思いますが、これを実行すると、今の産業構造を大きく変える事になるのです。正しい方向でありますから、後押しはして行きたいと思いますが、今後も継続して政権を運営してくれる安心感のある首相であって欲しいのです。

残念な事ではありますが、いつも場当たり的で無計画な話ばかりをする菅首相では、とても後押しする気にはなれません。脱原発は悲願でありますが、下手にやられると全てが台無しになってしまうからね・・・。

ただ、間違いなく言える事は、ほとんどの国民が原発に対してNOと言っている訳です。多くの国民は、便利な生活も命あってのものであるとちゃんと気付いているので、こんな首相でも延命出来る可能性はあると言えるでしょう。今回に限っては空気が読めているのかも知れませんね・・・。

しかし、原発は確かに問題なのですが、他にも問題は山ほどあるのです。例えば医療費ですが、今の医療制度を続けるならば、数年で破綻するのは目に見えています。老人医療の自己負担をもっと増やすとか、何か画期的な事を実行しないと、若い世代の稼ぎは、老人医療と、年金への支払いで消えてなくなってしまうでしょう。

また、高すぎる公務員の給料、議員の給料、この辺も何とかしないといけません。議員の給料は世界で一番高く、二位の米国の1.5倍位なのです。公務員の給料もまたそういった感じであり、先進国の中では突出した金額であるのです。

はっきり言いますが、今の議員に寝てる暇などありません。四六時中国のために働かなくては間に合わないのです。そして、財政危機を何とかしたいと言うのであれば、まずは自分たちの立ち振る舞いから変えていかなくてはならないはずなのです。何もせずに国民にお願いばかりをしているから、何も変わっていかないのです。まずは、身を削って国に奉仕する姿勢を見せ、変えるのはそれからとすべきでしょう。

脱原発は、大きな利権が絡んでいますし、そう簡単に変える事は出来ないはずですが、しっかりやれば出来なくもない事です。単に総理の椅子にしがみつきたくて出た発言でないとすれば可能となるでしょうけれども、椅子目当ての邪な考えであれば、これはもう地獄を見せられる事になるかも知れませんね。

さあ、相場の予測は大変です・・・。こんな不安定な首相の下で、一体どんな予想をすれば良いのか・・・。ただ、いずれにしても進んでいる方向はインフレであり、物価も株価も上昇していきそうですから、投資姿勢に関しては引き続き強気でとして行くべきでしょう。また、実行は不能とされるかも知れませんが、多くの国民が脱原発を望んでいるのですから、新エネ関連への投資は無駄にならない様に思います。

菅首相が本当のリーダーに化けるか?それとも、やっぱりただの・・・ままなのか?とにかく様子を見ていきたいところです。ただ、一つ問題なのは、日本には強すぎるリーダーは要らないという点です。民族的に強いリーダーは欲さないので、その辺を勘違いするとリーダーになっても失敗する事になるでしょう。

本当に難しい話ですが、とにかく、良い世になってくれればと願って行きたいと思います。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。