ストレステストをしないと原発を再稼働しないと、何となく再稼働に向けて動いていた原発に対して菅首相が冷や水を浴びせた形となっており、経団連の米倉会長は「ばかな話」と一蹴しておりましたが、この件に関してだけは少々菅首相を評価しております。もちろんですが、当初は原子力推進派であった訳ですし、ちょっとした心変わりなのか?それとも本当の怖さに気付いたのかは分かりませんから、心底信用しようとも思いませんし、最少不幸社会などというやる気のなくなるスローガンを挙げる人物でありますから、引き続き早期退陣が望ましいとは思います。

ただ、福島原発の最終処理も見えなければ、住民保証も見えない状況で、産業のためとして他の原発を運転し続ける事に対は明らかに問題であるのですから、多少強引ではあってもストレステストは実行すべきであると考えており、その為に内閣が多少延命するのは仕方がない様には思います。

しかし、国も国なら地方も地方ですね。原発の稼働は国が面倒を見るという保証が欲しいと要望しておきながら、ストレステストを実行するとしたら話が違うと言うのですから・・・。確かに原発は国策でしょうし、今まで国が安全と銘打って進めてきた政策で作られたものを、今更危険とは出来ないという読みはあるのかも知れませんが、福島を見れば分かるとおり事故は実際に起こる訳です。

何かあったら国からお金が出てくる様にさえすれば、原発は稼働しようと言う事なのでしょうか?福島のお金の問題も片付いてないと言うのに、何ともお粗末な話ではありませんか。自治体や県が原発を動かして金儲けをしたのであれば、自身の責任で再稼働を了承し、自身で住民に対して保証をすれば良いでしょう。そこまでして、国がストレステストをとしたのであれば苦言を呈しても仕方なしと思いますが、何もしないで文句ばかりではたまりません。

そもそもですが、原発を運転して、その後に出てくる大量の死の灰はどこに処分するおつもりなのか?青森の六ヶ所村実質最終処分場は既にキャリーオーバーであり、運び込める場所は既に汚染されている福島原発ぐらいでしょう。それとも、これから先本当に新たな処分場の目処でもあると言うのでしょうか?まさか、本気で死の灰を外国に処分するつもりなのでしょうか?そんなものを当て込んで、やっぱり駄目と言われたら、日本は核廃棄物で行き場を失う日が来るのは目に見えているのです。

捨てる場所のない死の灰を作り続ける原発を止めるには良い機会であり、それ以外の技術を伸ばすチャンスと捉えるしかないのです。もはや原発の時代は終わった事に、どうして気づく事が出来ないのでしょう?本当に困った話でありますが、どこがどう責任を取るのかは、まず福島を解決してからとしなくてはならないはずで、福島が解決しない限りは原発の稼働を進めるべきではないのです。

原発関連への投資はお勧めしませんが、新エネ関連に関しては非常に強い興味を持っており、厳選した銘柄は投資対象として推奨している次第です。今後も問題は多数出てくると思いますが、最後は必ず正しい方向へ進んでいくはずですからね。

最後にランキングのチェックを ⇒ 

無料メルマガでは限定記事を随時配信しています。

登録後すぐに送られてくる記事は「地獄の3丁目で見つけた答え」です。

よろしければ、登録してみてください。

読者数2万人以上のS氏の相場観の無料メルマガです。